わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばれ野月七段!
 本日のNHK杯戦は、島八段対野月七段。戦型は、予想通り、島八段のズル熊に野月七段の三間飛車となりました。解説も、ズル熊党蔓延の原因をつくった田中八段と、面白い顔ぶれでありました。田中八段は、共同研究ズルを蔓延させる原点となった「ズル研」をつくり、多くのズルブランドを輩出した島八段に同じズルとして好感を持っているのでありましょう。やたらと島八段のことを誉め上げておりました。そして、司会の中倉さんに「穴熊をはやらせたのが田中八段」とお世辞(嫌み?)を言われたのに対し、得意げに「そう自負しています」などと言っておりました。ズル熊を蔓延させ、将棋を今日の衰退に追い込んだ責任を、全く感じていないようであります。

 野月七段は、先日も渡辺竜王に勝っており、なかなかの若手の実力者であります。本日の将棋は、野月七段がズル八段のズル熊を成敗できるか否かが最大の焦点となりました。

 野月七段は、序盤から工夫を見せ、まもなく優勢を築きました。しかし、ここまではよくあることです。このような局面から、どんなにズル熊の逆転が繰り返されてきたことでありましょう。しかし、本局の野月七段はさえておりました。早指し戦であるにもかかわらず、指し手はズルを警戒しながらの繊細かつ用心深いものでありました。もしも、野月七段が少しでも誤れば、ズル熊の逆転を許していたことでありましょう。ズル熊に対して一度でも誤れば取り返しのつかないことになります。わたくしが定義しているとおり、ズル熊はズルであり、実力に関係なく勝ちやすい囲いであり、戦法であり、形なのであります。

 しかし、野月七段は間違えませんでした。わたくしはとくに、終盤の4三歩や最後の7六桂~5五歩に感心いたしました。これぞプロの技というものを久しぶりに見せてもらったという気がいたします。野月七段の会心譜と言えましょう。

 わたくしはかつて、野月七段を「生意気ズル」と規定し、非難していたという経緯がございます。しかしながら、最近の野月七段は、再三ズルを成敗しており、この事実は一定評価しなければなりません。

 他方、渡辺竜王は、最近あまりにもズルが目立ちます。そのことが心理面にも影響おり、先の野月七段との感想戦の態度はきわめて感じの悪いものでありました。わたくしは先の佐藤穴熊名人との竜王戦においては、心情的に渡辺竜王の防衛を支持しておりましたが、どうやら見直さなければならないようであります。佐藤穴熊名人はこれまで再三ズルを繰り返していることから、その罪は簡単に消えるものではございませんが、このところの変化は一定評価してよいと考えております。

 本日の将棋を見て、野月七段には優勝をめざしてがんばっていただきたいと思ったという次第であります。どうせ、他の優勝候補は、ズルだらけに決まっているのでありますから、野月七段が優勝することが、世のため人のためには最もよいことでありましょう。

 一昨日の加藤勝利及び飯塚六段の棒銀の勝利といい、本日の野月七段の会心譜といい、世の中の流れは明らかに変化を見せ始めております。天は我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人の昇級・勝利へ向けて動き出しているのであります。

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 我らが親愛なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 我らが輝ける希望の星=加藤一二三名人万歳!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/21-682e0642
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[将棋]人間の記憶

本日のNHK杯、島八段対野月七段戦。野月が勝ってベスト4進出したわけだが、感想戦で面白いことを言っていた。 図は先手が▲8六角と出たのに対し、後手野月が金を5二から5三へ上がって受けたところ。あまり考えずにすぐ指している。解説の田中寅彦九段は意外と語り、しかし Cablog Annex【2007/02/11 14:03】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。