わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面接試験の廃止を求む
 厳しい就職難が社会問題となっております。学校を出たにもかかわらず、活躍の場が用意されていないことそれ自体がそもそも大問題であり、現代ズル社会の行き詰まりを示しております。ズル首相が「一に雇用、二に雇用、三に雇用」としつこく強調したことは記憶に新しいところであります。その対策のひとつとして、ズル人税減税が行われることとなりました。ズル首相は財界首脳に「雇用を頼む」と要請いたしましたが、「約束はできない」とあっさり言われてしまいました。ズル勢力にとっては当然のことであろうと思われます。企業というものは何よりも金儲けが第一なのであります。金儲けのためにもっとも効果的な分だけ雇用するに決まっています。よって、今回のズル人税減税はズル勢力をますます肥え太らせる政策ではあるものの、雇用という面で言えば、ズル勢力がせいぜい申し訳程度に一時的に配慮する可能性はあるものの、ほとんど効果のない政策であると断言できます(*我が国の企業負担が重いため国際競争力をそいでいるかのようにマスコミや御用評論家がデマ宣伝を行っておりますが、先の民主党代表選挙でも小沢氏が指摘したとおり、社会保険料負担を含めれば我が国の企業負担はむしろ非常に軽いのが事の真実であります)。そもそも企業に雇用を要請したところで無駄というものであります。強制する以外にないのであります。すなわち、雇用を増大させ、労働条件を確保しなければ減税など行わないこととすればよいのであります。

 それはさておいて、就職難のために、面接試験の練習を熱心に行っている大学生諸君の姿がニュースで流れております。誠に気の毒なことであります。しかも、大学3年生の秋から就職活動が始まるというではありませんか。これではせっかく大学に行っても、まともに勉強さえできないでしょう。これは本人にとっても、国家にとっても大きな損失であります。そればかりか、企業にとっても弊害が大きいと思われます。面接の練習を積んで、自分をうまく表現するということは、自分を偽り、企業をだますということにもつながります。こんな状況は企業にとってもよくないでしょう。そもそも、わずかばかりの面接試験で人を理解するなど不可能であります。面接試験の広がりは、結局のところ能力本位の採用を阻害するばかりか個性を埋没させ、結果として我が国を弱体化させることにつながるのであります。

 にもかかわらず、面接試験が今日のように蔓延しているのは何故でありましょうか。これこそがズル勢力の陰謀なのであります。ズル勢力は「面接試験」の名の下に恣意的な採用行為を行い、ズル勢力にとって都合の悪い労働者を排除し、自らの支配を盤石なものとしようと目論んでいるのであります。こんな面接試験は一切禁止すべきであります。試験はすべてペーパー試験とし、点数で決めるべきであります。それがもっとも客観的で公平であり、恣意性を排除するもっとも効果的な方法なのであります。いったい誰が「点数だけではダメ」ということにしたのか。ズル勢力であります。しかしながら、我が国の将来を担うべき学生諸君が小手先の面接力を磨くことばかりに煩わされるようでは国家は弱体化し、やがては瓦解するでありましょう。

 また、一人で何十社も面接を受けなければ内定をもらえないような現状は、学生に過度な心理的負担を強いるばかりか、過大な経済的負担を強いることにもなります。しかも報道によると、「3次試験、4次試験と進んでから不採用となるパターンが続いた。どうせなら早く結論を出して欲しかった」との学生の証言もございます。アルバイトをしながら苦学を強いられる学生も少なくないのであります。現状では、こうした学生がさらに不利な立場に置かれることは明らかであります。こうした不平等、不公正を避けるためにも、面接試験の禁止を含め、就職試験の抜本的な見直しが必要なのであります。その一つとして、就職活動の長期化を避けるため、採用活動を大学4年生の秋以降とするよう法律で規制すべきであります。雇用対策を最重要課題とする現政権であります。こうした点を含め、国家国民の立場から、積極的な改革を進めていただきたいものであります。

 こんなことになったのもすべてズル熊のせいではないか!ズル熊は即時全面禁止せよ!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。
【2010/12/31 16:56】 URL | あろえ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/208-6d840a52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。