わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



竜王戦の廃止を求む
 羽生名人対渡辺竜王の竜王戦は、渡辺竜王が4-2で不当にも防衛いたしました。わたくしはこの結果に厳しく抗議するとともに、竜王戦の廃止を要求するものであります。

 今期の渡辺竜王の指し回しをつぶさに観察いたしましたところ、渡辺竜王が終始無駄な手待ちを繰り返して羽生名人が攻めてきたところを討ち取るというズルなやり方でありました。こうした指し回しは厳しく批判されねばなりません。また、前期竜王戦に続き、このような結果に終わった羽生名人の責任も重大であるといわざるを得ません。これでズル熊の蔓延にますます拍車がかかり、ズル熊党とズル勢力はますます勢いづき、善良なる将棋ファンに対する攻撃が激化し、将棋界の衰退が加速することになるでありましょう。強く抗議するものであります。

 そもそもズル売新聞は、その名の通り、ズルな報道を売りに国民を欺き、国家国民を今日の危機に陥れた張本人の一人であります。ズル勢力のボス敵であります。そして今回、ズル熊大将=渡辺竜王の防衛をまたしても許し、7連覇という大記録を作り出してしまったのであります。これは歴史の大きな汚点であり、ズル熊党とズル勢力を大きく勢いづかせるものなのであります。

 そうはいっても、多くのファンが望むのであれば、わたくしは竜王戦を容認してもよいと思っております。ただし、それには条件がございます。それは、我らが偉大なる指導者=加藤一二三棋聖を永世十段とすることであります。これなくしては、竜王戦の存続を認めるわけにはまいりません!その上で、今季竜王戦を第1局からやり直すべきであります。わたくしは今期竜王戦の結果を一切認めません!

 振り飛車ズル熊大将=広瀬王位誕生に続き、居飛車ズル熊大将=渡辺竜王の防衛と、この間、ズル熊党とズル勢力を大きく勢いづかせる出来事が相次いだことになります。将棋界ではズル熊がますます蔓延し、それに伴い、アマチュア将棋ファンの将棋離れが進み、将棋大会の参加者が激減していることは、もはや誰の目にも明らかではありませんか!現下のズル情勢は、いまや将棋界がその800年の歴史上最大の全般的危機に陥ったことを示しております。なぜこのようなことになったのか?わたくしが繰り返し繰り返し「ズル熊は禁止せよ!」との警鐘を鳴らしてきたにもかかわらず、これを無視し続けてきた日本将棋連盟とマスコミの責任は重大であります。これらの諸問題を解決するには、我々が今以上にズル熊撲滅闘争に総力を挙げる以外にはございません。ズル熊党糾弾運動を飛躍的に強化する以外にございません。そうして「ズル熊は禁止せよ!」との熱烈な世論を醸成し、日本将棋連盟と新聞社を動かし、ズル熊の禁止をまさに実現する以外にないのでございます。

 それでは皆さん、以上をふまえまして、ズル売新聞本社に向かってシュプレヒコールを行いたいと存じます。ご唱和をお願いいたします。

 渡辺竜王の7連覇は認めないぞ!
 ズル売新聞は竜王戦をやり直せ!
 ズル売新聞はズル報道をやめろ!
 ズル売新聞はズル熊を禁止せよ!
 法人税率の引き下げ反対!
 消費税増税反対!
 新防衛大綱反対!
 有明海を再生させよう!
 羽生善治名人がんばれ!
 我らが偉大なる指導者=加藤一二三棋聖万歳!!!
 我々も最後の最後まで戦うぞ!戦うぞ!戦うぞ!
 
 どうも、ありがとうございました。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/206-873c8515
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)