わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



偉大なる革命の勝利のために
 今週は大変な出来事がありました。広瀬王位が「週刊将棋」において、里見女流名人の穴熊作戦について「穴熊というのはずるいと言われるだけあって、やっぱり強いですよね(笑)穴熊を相手にすれば感じることですが、最後寄りそうでも金銀がいっぱいいてなかなか寄らないこともあります。千日手模様になったりもしますしね。」と評しております。

 現役のタイトルホルダーが「穴熊はズルである」という我々と同じ発言をしたことには大きな意味があります。この十余年、わがズル理論は着実に支持を広げ、ついにはタイトルホルダーをもズル熊のズルさを認めざるを得なくなったのであります。しかも、広瀬王位は振り飛車ズル熊の最高権威であります。これにより、将棋界が我らが偉大なる革命の勝利に向かって着実に前進していることが明らかとなったと言えましょう。ズル熊の既得権益にしがみつくズル熊党は、もはや見苦しい言い訳はやめるべきであります。潔く「ズル熊はズルでありました」と認めなさい!

 同志諸君!!!我々は今こそ、我らが偉大なる指導者=加藤一二三棋聖の指導の下に固く結集し、偉大なる革命の勝利に向けて意気高く前進しようではないか!!!

 革命未だならず。されど我が革命は必ずや勝利するであろう!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
リップサービスでは?
王位のコメントにも(笑い)とついているでしょ。だから冗談に決まっているよ。現役のタイトルホルダーが将棋を冒涜するはずがない。
【2010/12/04 12:23】 URL | タイガー田中 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/202-767f31ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)