わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



大義あれば恐れなし
 朝鮮半島の緊張が高まっております。韓国の軍事演習に抗議して北朝鮮が砲弾を撃ち込んだのが始まりであります。これに対し、米韓が合同で軍事演習を行い、「北朝鮮がさらなる挑発行為を行わないよう牽制する」としており、マスコミもそのように報道しております。しかしながら、「挑発」といえば米韓の軍事演習もまた「挑発」なのであります。すなわち双方が挑発の応酬をし、それがさらに緊張を高めているのであります。このままだと、緊張がさらにエスカレートし、事態がさらに深刻になることも懸念されるところであります。

 何故にこのようなことになったのでありましょうか。わたくしがおもうに、北朝鮮と我が国をはじめとする多くの国との間に外交ルートがないということが、様々な局面においてマイナスに働いているのであります。我が国の場合、「北朝鮮のような無法な国家とは付き合わない方がよい」というのは一見そのとおりのようにも思えます。しかし、北朝鮮は現に我が国の隣国として存在しており、嫌でも付き合わざるを得ないという現実も直視しなければならないでしょう。北朝鮮が何か変わった動きをする度に、「いったい何を考えているのか」と右往左往するよりも、普段からどのようなことを考えている国なのかを把握、分析しておく方が有意義ではないかとわたくしは思うのであります。何を考えているのかがわからないから不安になり、相互不信が高まり、結果、軍事的緊張が高まるという悪循環を繰り返してしまうのであります。ここはいろいろ議論のあるところでしょうからあえて断言はいたしませんが、わたくしの考えはそのようなところであります。すなわち、北朝鮮とは国交を正常化すべきであります。

 北朝鮮の今回の行動の目的は、米国との対話を行うことであるとマスコミは指摘しております。すなわち、もともと対話を行っていれば、今回の事件は起きることなく、犠牲者が出ることはなかったのであります。しかし、米国や韓国、我が国は、「北朝鮮が変化を見せることが前提だ」としております。わたくしはそうしたことにはこだわらず、早期に6カ国協議を開催すべきだと思うのであります。早く対話をしなければ、問題がエスカレートする可能性があります。関係各国が人命を最優先した取り組みを進めるよう求めたいものであります。

 このように申しますと、「北朝鮮の言いなりになるのか」との批判が聞こえてきそうであります。しかし、我々が主張すべきを主張する自信があるならば、国交を正常化した上で、大義をもって交渉に臨めばよいのであります。大義があれば何も恐れることはないのであります。

 しかしながら、日米韓の各国は、なかなかそのような決断をすることはできないのではないかとわたくしは思っております。といいますのは、これらの国には主張すべき大義がないからであります。我が国も韓国も、米国という世界各地で戦争を起こしている巨大なテロ国家の支援を受けているのであります。米国とは直ちに手を切るべきであります。また、朝鮮人学校を高校授業料無償化の対象から外すなど、姑息ないじめをやるから我が国の大義が失われるのであります。こんな姑息なマネは絶対にやるべきではありません。

 これをたとえるならば、自分でズル熊をしながら、「ズル熊はおやめなさい」というようなものなのであります。核問題でも何でもそうではありませんか。掲げるべき大義なくして、力強い外交交渉はできないのであります。

 こんなことになったのもすべてズル熊のせいではないか!ズル熊は即時全面禁止せよ!!!!!!!!!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

北朝鮮など我が帝国陸軍をもってすれば鎧袖一触、蹴散らしてくれようぞ!大日本帝国の復活。これしかない。
【2010/11/30 13:07】 URL | 牟田口 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/201-817217be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)