わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日のNHK杯戦を徹底批判する!!!
 本日のNHK杯戦は、佐藤対日浦でありました。わたくしは少し遅れてテレビをつけますと、先手の佐藤が向かい飛車をやりました。わたくしは「佐藤は佐藤でも佐藤秀司だな」と思いました。ところがであります。先手は佐藤康光でありました。
 佐藤はやはり向かい飛車からズル熊とし、角交換ズル熊となりました。そうして、8六歩、同歩、同銀と仕掛けたというそれだけで佐藤の勝ちとなったのであります。まあ、その前の日浦の2二玉があまりにも不用意であったとはいえますが。
 このところ、「佐藤の将棋が面白くなった」という者もいます。そして、わが陣営内にも、「佐藤をズルと規定するのは適切ではないのではないか」といった日和見主義的見解も出始めております。わたくしは、「物事の表面に惑わされてはならない」と厳しく叱責したところでありますが、わたくし自身、ズルとの闘いに手が離せないため、佐藤の棋譜などいちいち並べている暇はないのであります。そこで、わたくしは本日のNHK杯戦を注目していたのであります。
 しかしやはり佐藤はズルであることが、この将棋から明らかとなったのであります。たしかに佐藤は「変わった」とは言えますが、せいぜい「つまらないズル」から「面白いズル」に変わった程度のことであります。しかもズルに面白いもつまらないもございません。ズルはズルであって、それ以外のなにものでもございません。
 それにしても解説のズルの権威主義=腰巾着ぶりは目に余るものがありました。佐藤の至極当たり前の指し手を大げさに礼賛し、プロの権威を天まで持ち上げました。ズルと言えば、日本将棋連盟会長=ズル長の手先として「名人戦問題」において、ズル長・ズル原らによるあのような浅ましく見苦しい将棋界破壊活動に加担したのであります。断じて許し難いと言わなければなりません。
 わたくし加藤名人万歳のズルとの闘いに、妥協など一切ございません。ズル勢力など、徹底的に打倒粉砕あるのみであります。彼らズル勢力の恫喝に屈したり妥協する者もまた同罪であります。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/2-86f6dbe1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。