わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙開発など直ちに中止せよ!
 マスコミ報道は以下の通りであります。 

 JAXA(宇宙航空研究開発機構)は、2010年6月に地球に帰還した小惑星探査機「はやぶさ」が回収した微粒子を調べた結果、小惑星「イトカワ」のものと確認したと発表した。小惑星の微粒子回収は、世界初の快挙となる。
 JAXAの川口 淳一郎教授は「想像、期待以上の成果だと。『帰ってきたことが夢のようだ』と申し上げさせていただいたんですけれども、夢を超えたものって、どう表現していいかわかりませんけど、それほど感慨に胸がいっぱいになるといいますか」と話した。
 「はやぶさ」は、地球と火星の間にある「イトカワ」に到着し、度重なるトラブルを乗り越え、2010年6月に、7年間の旅を終え、帰還した。
 「はやぶさ」の岩石採取装置は作動しなかったが、JAXAでは、「イトカワ」着陸時に舞い上がった0.01mmの微粒子を発見し、分析作業を行い、回収した微粒子およそ1,500個を調べた結果、「イトカワ」のものと確認したという。
 小惑星の微粒子回収は、世界初の快挙で、太陽系が誕生した46億年前の状態を保つと考えられ、今後、太陽系や地球の起源、形成過程の解明につながるものと期待されている。

 宇宙開発は直ちに中止せよ!!!
 
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
あから
なんで?
【2010/11/16 23:09】 URL | #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/199-9f625e15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。