わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



上海万博閉幕
 上海万博が閉幕いたしました。マスコミ報道によりますと、「累計来場者数は7300万人を突破し、1970年の大阪万博が記録した約6422万人を大きく塗り替えた」とのことで、中国首脳も「成功」を誇示しているとのことであります。しかし、マスコミはこれにケチをつけることも忘れてはいません。「中国では経済格差が広がり、貧困層は粗末な家に住み、政府への不満を募らせている。反日デモでも政府を批判するスローガンも見られた。上海万博で国民の不満をそらせていたが、これが終わったので中国政府は難しい舵取りが迫られている」等々、かような趣旨の報道を行っています。

 この報道自体については、わたくしもほぼ事実を報道したものとは思います。しかし考えてみてください。中国国内で起こっている様々な問題は、「改革開放」すなわち市場経済の導入によって生じたことであります。よって、もともと市場経済であり、近年ますます規制緩和を進めている我が国においても同様の問題が起きているのであります。粗末な家どころか、住む家もない「ネットカフェ難民」やホームレスを多数生んでいる我が国の現状をマスコミはどのように考えているのでありましょうか。我が国をこのような惨状に陥れたのは、「改革」の名の下に規制緩和万能論にうつつを抜かしたマスコミではありませんか。中国の現状を批判するのであれば、自らの行動も反省すべきでありましょう。

 「国内の不満をそらしている」という点では、我が国の政府とマスコミも同様のことを行っていることを指摘しなければなりません。「事業仕分け」と称してまるで宗教裁判のような理不尽な官僚叩きを行い、報道し、国民の不満をそらし、我が国の国家体制を破壊しようとしているのは、レンコンや枝豆に象徴されるズル勢力に踊らされている扇動政治家であり、御用評論家であり、御用マスコミではありませんか。我が国の犯罪は減少しているにもかかわらず、むやみに犯罪報道を行い、犯罪者に対する憎しみをあおり立て、刑罰の厳罰化を推し進めているのもまた、国民の不満をそらすための陰謀の一つなのであります。こんな現状を作り出しているマスコミなどに、中国のことをとやかく言う資格は全くないといわざるを得ません。

 また、マスコミは中国国民が政府に対する批判を公然と口にしているとも報道しておりました。しかしその一方で、中国政府は言論を統制していると常々批判しているところであります。これも確かに事実でありましょう。ならば我が国の現状はどうなのでありましょうか。マスコミが言論を統制し、日々の偏向報道によって国民を欺き、国民は塗炭の苦しみを味わいながらも、表だった政府批判はほとんど聞かれないのが現状であります。あるのは社会的弱者同士の足の引っ張り合いであり、それを扇動するマスコミ報道であります。それでもマスコミは、我が国が自由で民主主義的な国家であると言い張るのでありましょうか。

 こんな国にしたのは誰なのか?そうであります。ズル熊とズルシステム、ズル熊党であります。ズル熊は直ちに全面禁止せよ!!!

 それでは皆さん。本日も万歳三唱で締めたいと存じます。ご唱和をお願いいたします。

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三棋聖万歳!!!
 我らが親愛なる指導者=青野照市王座万歳!!!!
 我らが輝ける希望の星=加藤一二三棋聖万歳!!!
 革命未だならず。同志奮起せよ!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/195-ab047820
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)