わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



先日のNHK杯戦に断固抗議する!
 先日のNHK杯戦は広瀬王位対渡辺竜王という穴熊党同士の対戦となりました。実は、わたくしは世直し活動で外出をしておりましたので、この将棋を観戦することはできなかったのでありますが、よほどひどい将棋だったからでありましょう。本因坊秀策氏が、「将棋最後の日」と題し、「これでは視聴者もうんざりでしょう」とだけコメントし、棋譜を送付してくれたのであります。

 この棋譜を並べましたところ、なるほどひどいものであります。四枚ズル熊に組み合った後、渡辺竜王がパッと5筋に歩を垂らし、と金を作りました。広瀬王位は飛車を成り込みましたが、あまり関係なく渡辺優勢となりました。渡辺竜王は角を切ってペタペタと金銀を貼り付けていきました。広瀬王位もよく粘り、ペタペタと自陣に駒を打ち付けました。そうして、延々と金銀を埋めてははがし、張っては埋め・・・という展開が続きました。渡辺竜王が角を切って張り付いたのが80手目、広瀬王位が渡辺竜王の攻めをしのいで自陣の攻め駒を追い返し、渡辺竜王が第二波の攻撃を開始したのが150手目であります。この間、実に70手もの間、埋めては張り、はがしては埋め・・・(順番はどうでもいい気分ですが)を視聴者は見せられたことになります。

 こんな将棋を見せられた視聴者はたまったものではありません。(中略)で放送すれば足りるといえましょう。そうしなかったNHKには厳重に抗議いたします。

それでは皆さん、NHKに向けてシュプレヒコールを行いますので、それぞれのパソコンの前からNHKの方角へ向かってご唱和をお願いいたします。

 ズル熊はただちに禁止せよ!!!
 NHKはズル放送を行うな!!!
 NHKは加藤一二三棋聖を予選免除で本戦出場させよ!!!
 NHKはズル熊党の出場を拒否せよ!!!
 NHK受信料を拒否するぞ!!! 
 我らが偉大なる指導者=加藤一二三棋聖万歳!!!
 我々はズル熊禁止まで闘うぞ!!!
 最後の最後まで闘うぞ!!!
 革命未だならず。同志奮起せよ!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/193-f95abaac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)