わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ズル城ついに陥落す
 本日のNHK杯戦は、藤井九段の四間飛車に山崎七段が左美濃から4枚ズル熊に組み替える展開となりました。藤井九段は正々堂々と銀冠から左銀を繰り出し、抑え込みを図りました。局面の焦点は、藤井九段がズルを成敗できるか否か、この一点に絞られました。藤井九段は自然に駒組みを進め、先手から手を作るのは困難と思われました。しかし山崎七段がパッと5筋の歩の突き捨てを図りました。これを取れば、パッと敵陣に歩を垂らし、と金攻めと大駒のさばきの連携でもって、ズル城の堅陣を活かした闘いに持ち込む意図であったものと思われます。藤井竜王はこの狙いを見破り、怒濤の総攻撃をかけました。ズル城は藤井竜王の攻撃により混乱状態に陥りましたが、山崎七段はペタペタと駒を埋めて粘りに粘りました。一時は嫌な雰囲気が漂いましたが、藤井竜王がズルを警戒しながら慎重に攻めきり、正義は守られました。

 本日の藤井竜王の勝利は、きわめて大きなものであります。歴史的大勝利と言っても過言ではありません。本日の将棋はまさしく、正義は勝つという将棋のあるべき姿を示しております。とはいえ、藤井竜王でなければどうなったことか。かなりの確率でズル熊が勝っていたでしょう。我々はこれまで、あのような形からズル熊がズル転勝ちを収めるという理不尽な場面を何度見せられてきたことか!これを例えるならば、まるでブルジョアがジワジワと労働者を搾取して金儲けを独り占めするような理不尽さであります。本日の将棋は全国の労働者人民の明日からの活力となったことでありましょう。藤井竜王は、本日の勝利で正義を守ったのであります。この功績は計り知れぬものであります。

 人類の歴史を振り返りますと、必ずしも正義が勝ってきたわけではございません。むしろ逆のケースが多いとさえ言えます。かつて上杉謙信は室町幕府を支え、この世をあるべき姿に戻そうと努力しましたが、その夢はついに叶いませんでした。徳川ズル康はズルを駆使して石田三成率いる連合軍を関ヶ原の戦いで破り、ついには豊臣家を滅ぼすに至りました。江戸第5代将軍徳川綱吉は生類憐れみの令を発し、世の秩序をただしましたが、その功績は理不尽にも否定されるにいたっております。幕末には薩長同盟ズルをはじめとした様々なズルによるズル革命が推し進められ、我が国は戦争に次ぐ戦争を強いられることとなりました。戦後は我が国の人民を多数虐殺した犯罪国家=ズルリカとこともあろうに同盟を結び、未だに軍事同盟を結んでおりますが、このような理不尽と不正義は古今東西ありません。人類史上最悪の不正義であると言っても過言ではないでしょう。

 それでも正義は大事なのであります。それは何故であるか。正義はその時々の局面では実現しないこともありましたが、常に人々の道徳規範であり続けました。正義という道徳規範がなくなるということは、人間が人間でなくなるということであります。また、一見、ズルが勝利しているように見えても、その実相は必ずしも単純なものではないということが見えてきます。例えば徳川ズル康が多くの人々からズルであると思われながらも多数の支持を得た背景には、「戦国の世を終わらせ、安定した社会を築いて欲しい」という人民の願いがあったからでありましょう。明治のズル革命もまた、より豊かな社会を求める民衆の願いがあったから実現したのでありましょう。これまでのズルシステムは、人民大衆に一定の「利」をもたらしてきた面も否定できないのであります。

 今日の社会はどうでしょうか。ズル勢力が金儲け(経済成長)をすればするほど貧困と格差は拡大し、地球温暖化という深刻な問題を引き起こすに至っております。もはやズルシステムは人民大衆に少しの「利」もなく、苦しみを与えるのみであり、その歴史的使命を既に終えているのであります。その歴史的使命を終えたシステムをあらゆる手段で延命しようとしているのがズル勢力であり、その手先であるマスコミなのであります。

 最大かつ最後の歴史的巨悪=ズルリカ帝国主義はイランの核開発疑惑をねつ造し、各国との対立を煽ることにしかその存在意義を見いだせず、国際的影響力を次第に低下させつつあります。鳩山-小沢前政権においては、現代ズルシステムにおける様々な問題点が露呈したため、ズル勢力は真実が国民の前に明らかになることを恐れ、陰謀を以てこれを退陣に追い込みました。

 しかし彼らの抵抗は、このシステムの矛盾をさらに拡大することにしかなりえません。ズル勢力は自らの既得権益を守ることのみに汲々とし、申し訳程度でも人民に利益の一部を与えようというわずかばかりの良心のかけらさえ完全に失うに至っております。我が国の人民の苦難はこのようにして引き起こされているのであります。

 歴史的使命を終えたズルシステムを今日の藤井九段のように陥落させ、我々が勝利するのは時間の問題であります。今日のズルシステムの理不尽については遠からず多くの人民が気づくでありましょう。ズルを成敗し、正義を実現するまでどの程度の時間がかかるかは、人間の理性がいかほどかであるかにかかっております。そしてこの理性は、我々の啓蒙活動にかかっているのであります。我々が生きてこの世の正義の実現を見ることができるか否かは、我々の努力如何にかかっております。我々はいまや、真に正義を実現すべき歴史的局面に直面しているのであります。

 我々は偉大なる指導者=加藤一二三棋聖の指導の下に固く結集し、ズル熊撲滅運動に今以上に傾注すべき時であります。すべてはズル熊が悪いのであります。

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三棋聖万歳!!!
 我らが親愛なる指導者=青野照市王座万歳!!!!
 革命未だならず。同志奮起せよ!!!!!!!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/181-a0aebc67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)