わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



大きな一勝
 王位戦第2局は広瀬六段の振り飛車穴熊に深浦王位がなんと急戦を仕掛け、深浦快勝となりました。これは大変な驚きであります。わたくしは第1局を広瀬六段が取ったことは非常に大きく、広瀬獲得の可能性が高くなったと指摘した次第であります。同時に、深浦王位の急戦はないだろうと予想しておりました。こうした中での深浦王位の急戦であります。深浦王位にとっては大きな賭でありましたが、防衛のためには流れを変える何かが必要と判断し、勝負に出たのでありましょう。

 本局は急戦とは言っても、ズル城を早い段階で崩しておいて、自分の玉が堅い状態で強い戦いを起こそうというある意味深浦王位らしい戦法選択であったとも言えます。急戦をやるとすれば、これしかないという戦法選択であったものと思われます。作戦自体は以前からあるもので、これをタイトル戦で深浦王位が決行したことには大きな意味があります。仮にこれで先手よしと言うことになれば、これまでほぼ無制限に組めると考えられていた振り飛車穴熊をめぐる情勢に、大きな変化をもたらす可能性があるからであります。本局を振り返りますと、広瀬六段としては、先手の角切りを誘い、早々にズル城を消滅させた判断がどうだったかという疑問があります。ズル熊城という「ズルの利」が消滅したことで、逆に先手の強い攻めが可能となったのであります。仕掛けのあたりが本局の大きなポイントであると同時に、この戦法の正否はズル情勢に大きな影響を及ぼす可能性があるので、読者諸君もこのあたりをよく研究されるとよいでしょう。

 いずれにしても、この1勝は深浦王位にとっては大きな1勝となり、勝負の行方は分からなくなりました。むしろ、深浦王位がやや有利になったかもしれません。深浦王位は第1局目を落とした危機を前に、急戦で暴れ回っていた(?)子どもの頃の初心に返ったのかもしれません。

 これらの諸問題を解決する道はただ一つ。ズル熊の全面的即時禁止であります。

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三棋聖万歳!!!
 我らが親愛なる指導者=青野照市王座万歳!!!!
 革命未だならず。同志奮起せよ!!!!!!!!! 
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/177-2a21967a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)