わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



もはや一刻の猶予もならず!
 わたくしは同志より、次のような報告を受けました。

 「将棋教室で相穴熊をしていた子どもが、二人とも穴熊を崩すことができずうんざりして、『これではいつまでたっても終わらない。僕の負けでいいです』と言って投了してしまいました。穴熊の流行が将棋の魅力を削いでしまった好例であります」

 ズル熊の蔓延はついに子どもたちにまでこのような悪影響を及ぼすまでに至ったのであります。このままでは将棋は子どもたちに見放され、まもなく消滅してしまうでありましょう。もはや一刻の猶予もございません。日本将棋連盟はただちにズル熊の禁止を断行すべきであります。

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 我らが親愛なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 我らが輝ける希望の星=加藤一二三名人万歳!!!
 革命未だならず。同志奮起せよ!!!!!!!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/157-6320b32e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)