わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近未来小説~日本将棋連盟最後の日~(その3)
 このやりとりを聞いていた四間飛車党のS田四段が立ち上がった。
 「ズル熊がズルであることは間違いないざますわ。ズル熊さえなければあたしだってもっと勝っているに違いないんだから。日本将棋連盟が何を言ってきても、ズル熊はきっぱり禁止すべきだわ」

 I橋四段も続いた。
 「だいたいズル熊は体力の弱い人間をいじめる弱い者いじめの戦法ですよ。あんなものは一切禁止すべきだわ。でもあたしも結構ズル熊をさしたりしたんだけどね。まあ、それはそれとして、弱い者いじめのズル熊は禁止するのが人の道というものだわ」

             =つづく=
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/15-54df721a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。