わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



大型ショッピングセンターは禁止すべきである
 わたくしは先日、ゆめタウンにショッピングに行きました。午前9時半に開店であるため、開店とほぼ同時に駐車場に車を止め、入店したという次第であります。店内にいたのは30分程度であったかと思いますが、店を出ると駐車場が一杯になっていたのには驚きました。わたくしの地元は片田舎である上に不景気であるのに、このゆめタウンだけは繁盛しているようであります。他方、街の中心部の商店街はすっかり寂れてしまい、シャッターが降りているのが目立ちます。かつてのにぎわいがウソのようであります。

 大規模店舗は商店街を衰退させるだけさせておいて、今度は安売り競争を始めます。そうすると、そこで働く労働者の労働条件は低下の一途をたどることとなり、安定した雇用はどんどん縮小していきます。商店街が廃れると、そこで吸収されていた労働の場もなくなるということであります。真面目で地道な自営業がズル熊蔓延以降、急速に衰退していったのであります。昨今の就職難の原因の一つは、個人商店など真面目な自営業が衰退する一方、大規模なズル会社が幅を利かせてきたことにあるわけであります。さらに、真面目な自営業に代わって出てきたのは、他人を騙して金儲けをする詐欺まがいのズル商売であります。

 いずれにせよ、我々がゆめタウンのような大型ショッピングセンターに行けば行くほど、地域経済は衰退し、結果として我々の生活も不安定になるというわけであります。しかし我々庶民は、価格の安い大型ショッピングセンターに行かざるを得ないのであります。これこそズル勢力が仕組んだズルシステムなのであります。このシステムがある限り、我々の生活は一切改善され得ないのであります。システムを変えるには禁止しかありません。何事も都合の悪いものは禁止あるのみであります。

 大型ショッピングセンターは禁止すべきであります。まあ、Aコープ程度までは容認してよいでしょう。

 こんなことになったのもすべてはズル熊のせいなのであります。ズル熊は、見るからに不景気な囲いではありませんか。あんな囲いがあるから世の中はいつまで経っても不景気なのであります。ズル熊が蔓延して以降、労働者人民の生活が向上したことがありましょうか。一切ないではありませんか。すべての悪の根源はズル熊にあり!ズル熊はやはり禁止以外にないのであります。

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 我らが親愛なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 我らが輝ける希望の星=加藤一二三名人万歳!!!
 革命未だならず。同志奮起せよ!!!!!!!!! 
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
なんてこというんだ!
経済活動の自由は日本国憲法でも保障されている権利なんだよ。大型ショッピングセンターを禁止するなんて暴論もいいとこ。どこにそんな権限があるのかい?多くの人が行くんだからいいお店に決まっているじゃないか。大丈夫。キミはもっと成長できる。だから穴熊もやろうよ。
【2010/06/09 22:16】 URL | 青木 #- [ 編集]

黙れ腰巾着!
経済活動の自由などクソッ食らえだ!すべての生産手段を国有化せよ!
【2010/06/10 22:21】 URL | ヤズローフ将軍 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/147-1f3d5cd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)