わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



税金は廃止すべきである
 鳩山内閣が退陣し、後継首相にはトンチンカン居眠り大臣が選出されました。新政権においては、エダマメやレンコンらも要職につくとの報道であります。これで首相が居眠りをしている間に、悪徳政治家たちは様々な悪さができるというものであります。ズルリカなどズル勢力にとって最も都合のよい体制になったと断言してよいでしょう。新内閣はズル勢力とその手先=マスコミの支援を受けることでありましょう。マスコミは小沢氏を悪者にしながら、新政権の浮揚を図ることでありましょう。しかし我々はこんなごまかしに惑わされてはなりません。鳩山-小沢体制においては、高校授業料無料化など、人民の利益に即した政策が一定あったわけであります。しかし、新内閣においてはそうしたマシな面も一切なくなり、わたくしが厳しく批判してきたズル泉政治に限りなく近い弱者切り捨ての悪徳政治に逆戻りしてしまうことでありましょう。こうした新内閣の暴走に歯止めをかけることを期待されるのは、やはり亀井静香氏であります。小沢氏もこのまま誹謗中傷を受け続けるならば、黙ってはいないでしょう。

 新政権が近いうちに消費税増税を言い出すことは間違いありません。しかし、そもそも消費に対し、税金をかけるという考え方自体が理屈に合わないのであります。資本主義経済は、消費をすることで成り立っているのではありませんか。人民はズル勢力に労働を搾取されている上、その経済力に不相応な消費を強いられることによって、ズル勢力の金儲けに二重三重に貢献しているわけであります。その上、税金まで取られなければならないのはあまりにも理不尽というものではありませんか。むしろ、消費をする都度、給付金を受け取ってしかるべきであります。税金はズル勢力に対する法人税と所得税のみとし、その他はすべて廃止すべきであります。ついでにズル熊も廃止であります。

 消費税のようなケチくさい税制が導入されたのも、すべてズル熊のせいなのであります。消費税が導入された時期とズル熊が蔓延し始めた時期はまさに一致しているではありませんか。諸悪の根源はまさにズル熊であります。ズル熊も消費税も即時廃止以外にございません。

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三首相万歳!!!
 我らが親愛なる指導者=加藤一二三首相万歳!!!
 我らが輝ける希望の星=加藤一二三首相万歳!!!
 革命未だならず。同志奮起せよ!!!!!!!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/143-c7dd896d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)