わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスコミはやはり禁止すべきである
 民主党の小沢一郎氏が鳩山首相の道連れとなり、幹事長辞任に追い込まれました。わたくしは小沢幹事長の続投を支持する立場から、この決断を残念に思うとともに、小沢氏を繰り返し誹謗中傷するマスコミに対し、厳しく抗議するものであります。

 マスコミは小沢氏が幹事長を辞任したにもかかわらず、「小沢氏の影響力は残るか」などとしつこく個人攻撃・誹謗中傷を繰り返しております。一方でマスコミは、「指導力がない」「リーダーシップが不足している」等々と歴代首相を繰り返し非難してきたにもかかわらず、こと小沢氏のこととなると、とたんに指導力やリーダーシップはいいことから悪いことに変わるようであります。こんな欺瞞に満ちたマスコミは禁止以外にございません。

 「小沢支配」といっても、小沢氏本人にリーダーとしての実力や人間的魅力なくして、多くの人がついてくるはずがないでありましょう。小沢氏はマスコミにも率直な物言いをするために、マスコミ関係者やマスコミからしか情報を得られない多くの国民からは嫌われがちになってしまいます。しかし、小沢氏は様々な党派を渡り歩きつつも、大きな政治力を持ち続けました。その理由は、わたくしが推察するに、小沢氏と直接話をしたり、話を聞いたりすると、かなり人間的な魅力を感じる人が多いのでありましょう。常にくだらない取材ばかりやっているマスコミ関係者は人望とは一切無縁であるため、小沢氏に人望があること自体が気に入らないのでありましょう。そもそも、国民から選ばれた政治家に対し、「影響力があるのがけしからん」とは全くのナンセンスであります。選挙民はその政治家が活躍することを期待して選ぶのであります。影響力のない政治家は存在価値のない政治家であります。

 他方、反小沢といわれる人たちの顔ぶれを想像してみてください。悪そうな政治家ばかりではありませんか。そんな政治家と比べれば、小沢氏はまだまともな政治家であると断言できます。「事業仕分け」ではレンコンとかエダマメとかいう政治家が、ギャアギャアとヒステリックに他人を攻撃しております。それを見てテレビや観客が拍手喝采を贈る様は、まるでガリレオ=ガリレイを攻撃した中世ヨーロッパの宗教裁判のようではありませんか。こういう他人を誹謗中傷することが得意な気味の悪い政治家が、マスコミでもてはやされております。こうした我が国の現状は異常であると言わざるを得ないのであります。鳩山-小沢体制は、民主党としては一番マシな体制でありました。二人が退陣したならば、あとに残るのはレンコンとかエダマメに象徴されるような意地汚い政治家ばかりであり、せいぜいよくて居眠り大臣ぐらいのものであります。残念ながら、我が国は今後さらに悪い方向に向かうことは間違いのないことであります。だからわたくしは、鳩山首相と小沢幹事長の続投を一貫して支持してきたのであります。ただ一つ言えることは、マスコミにもてはやされ、テレビに頻繁に出てくるような政治家にはろくなのがいないということであります。選挙の際には、テレビに出る政治家から順に選択肢から消していくのがよいでしょう。こうしたことは投票の有力な判断基準になりますので、記憶の片隅においておくとよいでしょう。

 我が国がこんな有様になったのも、すべてズル熊のせいなのであります。マスコミや「反小沢」の悪徳政治家が小沢氏を攻撃する様は、ズル熊党が「振り飛車が悪い」と振り飛車を攻撃するようなものであります。諸悪の根源はまさにズル熊であります。ズル熊は即時全面禁止以外にございません。

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三首相万歳!!!
 我らが親愛なる指導者=加藤一二三首相万歳!!!
 我らが輝ける希望の星=加藤一二三首相万歳!!!
 革命未だならず。同志奮起せよ!!!!!!!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/142-9bdb8221
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。