わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩山首相強制辞任に厳しく抗議する!
 鳩山首相が辞任を表明いたしました。自分一人に責任を押しつけられる形となった鳩山首相は大いに不満だったのでありましょう。「国民が聞く耳を持たなくなった」との言葉を残しました。率直な思いだったのでありましょう。わたくし加藤棋聖万歳は、鳩山首相の続投を支持する立場から、この決断を残念に思うとともに、鳩山首相を辞任に追い込んだズルリカなどズル勢力とその傀儡勢力、さらには彼らの手下であるマスコミ等々に対し、厳しく抗議するものであります。

 わたくしは昨年末にこのブログにおいて、「現政権は決して、米国などズル勢力の既得権益に手をつけることはできません。現政権には最初から“聖域”が設けられており、どんなたくさんの手当を出すといっても、結局のところ、庶民増税によってまかなうという発想しか出てこないのであります」と、鳩山政権の根本的な限界を指摘いたしました。鳩山政権は残念ながら、わたくしの指摘した限界を露呈しながら完全に行き詰まったのであります。鳩山政権が普天間問題を解決できる見込みがないことは、この時点ではっきりしていたのであります。日米ズル条約を当然の前提として認める限り、この問題は解決し得なかったのであります。

 民主党を大勝させた有権者からも「こんなはずじゃなかった」との声が聞こえてきます。しかし、こんなことも見抜けずに民主党に投票した有権者にも、当然責任があるわけであります。鳩山首相を非難する前に、こうした自らの見通しの甘さについても有権者は反省しなければならないでしょう。このことは率直に指摘せざるを得ないのであります。

 「ならばなぜ、加藤棋聖万歳は鳩山首相の続投を支持するのか」との声が聞こえてきますので、分かりやすく説明させていただきます。一言で申し上げますと、鳩山氏の辞任劇は、ズル勢力の陰謀によってもたらされたからであります。福島大臣罷免後、マスコミは突然、「鳩山首相辞任すべし」の論調に流れました。きわめて不自然な流れでありました。この一連の動きを観察するならば、その背後にズルリカやその傀儡勢力が謀り、マスコミを使って大衆を煽り、鳩山首相を辞任に追い込んだものと強く推察されるところであります。

 それは何故でありましょうか。普天間基地問題で民主党が迷走したことにより、沖縄や徳之島で反対運動が大きく盛り上がりました。他のどの地域に基地機能を移転することとしても、地元の反発は必至の情勢でありました。いずれにせよ、ズル軍基地問題が大きくクローズアップされてきたわけであります。「県内か県外か」という程度の話で収まっているうちはよいでありましょう。しかし、この問題が長引けば長引くほど、日米ズル条約そのものへの疑問が広がらざるを得なくなることでありましょう。日米ズル条約、引いては日本社会を覆うズルシステムそのものへの批判が強まることとなったに違いありません。それを懸念したズルリカを中心とするズル勢力が、「約束を破った」という程度の話で収まっているうちに、事の本質を隠蔽したまま、鳩山首相一人にすべての責任を押しつける形で辞任に追い込み、幕引きを図ったのであります。これが鳩山辞任表明の真相であります。そのことへの無念が、冒頭の鳩山首相の言葉に表れているのであります。あらためてズル勢力のしたたかさを見る思いであります。しかし、こんなことで我が日本人民をいつまでも欺けると思ったら大間違いであります。

 いよいよもって我が国がズルリカの支配下に置かれている半植民地国家であることが残念ながら明らかとなったのであります。我が国の独立と尊厳を回復するには今何が必要であるか。ズル熊の全面的即時禁止であります。そして、鳩山首相が後任の首相として、我らが偉大なる指導者=加藤一二三棋聖を指名されんことを熱烈に期待するものであります。我々は偉大なる指導者=加藤一二三首相の指導の下で固く結束し、この国難に立ち向かう以外にございません。当然、東京都心には大きな猫小屋を作るべきことはいうまでもございません。かつて徳川綱吉は、犬を大切にすることで人心を穏やかなるものとし、天下太平の世を築いたのであります。今や時代は猫であります。猫を大切にすることで人々は鳩山首相が繰り返し説いてきた「命の大切さ」を実感し、戦争の愚かさや、外国の基地に我が国を踏みにじられている理不尽さに気がつくことでありましょう。鳩山首相の遺志を継ぐのは我らが偉大なる指導者=加藤一二三新首相以外にございません。

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三首相万歳!!!
 我らが親愛なる指導者=加藤一二三首相万歳!!!
 我らが輝ける希望の星=加藤一二三首相万歳!!!
 革命未だならず。同志奮起せよ!!!!!!!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
粉砕せよ!
日帝の頂点に君臨する総理大臣などに賛成も反対もない。ただ粉砕あるのみだ!!!
【2010/06/02 23:28】 URL | 大道寺 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/141-c1e80a7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。