わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駐車場は人民の共同所有とすべきである
「50円パーク」

かような表示の駐車場を見つけました。わたくしは直感的に「これはズルいのではあるまいか」と感じた次第でありますが、近づいて説明を読むとやはりズルでありました。その駐車場は30分50円であり、1時間100円の駐車場と変わらず、30分で課金されるためむしろ割高でありました。これはまさしく資本主義的腐敗そのものであり、資本主義の末期状態を示しております。そもそも駐車場とは、他人の弱みにつけ込んで何の努力もせずに車を止めさせるというそれだけでカネを取る悪質な商売であります。そもそも我々は何故に車を買わなければならないのでありましょうか。ズル勢力が、車を持っていないと生活に支障が出るような社会にしたからであります。そうしておいてズル勢力は、貧困な人民に車を買わせ、生活をさらに困窮させ、それによってさらに労働を強化し、長時間労働を強い、人民から考える余裕を奪い、もってズルシステムの維持・強化を図っているのであります。こうしたズルのおこぼれに預かろうというのが駐車場営業なのであります。

 駐車場は全て無料とすべきであります。ただし、ズル熊党や株屋などズル勢力については有料とし、むしろ高額な駐車料金を取るべきであります。ズル勢力から獲得した駐車料金は、人民の共有財産として全人民に平等に分配されるべきであります。すなわち、駐車場は人民の共同所有とするのであります。駐車場には、「ズルは有料」と標記するとよいでありましょう。このように言うと、「自分はズルではないとウソをつかれたらどうするのか」との疑問が生じることでありましょう。よって、こんなウソがばれたならば、罰則を科すべきであります。

これらの諸問題を解決する道はただ一つ。ズル熊の全面的即時禁止であります。

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三棋聖万歳!!!
 我らが親愛なる指導者=加藤一二三棋聖万歳!!!
 我らが輝ける希望の星=加藤一二三棋聖万歳!!!
 革命未だならず。同志奮起せよ!!!!!!!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/133-394c7a17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。