わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪いのはズル熊である
 ある善良なる将棋ファンより、次のような質問を受けましたので、回答いたします。

 「将棋教室で次のようなことがありました。子どもどうしの対局で四間飛車ー穴熊になりましたが、四間飛車の子が相手に対して『ひきょうだ』と文句を言い始めました。私はすぐさま『ひきょうな戦法などない。そんなことを相手に言うのは失礼だよ』と教え諭しましたが、加藤名人万歳さんだったらどうしますか?」

 わたくしであれば、基本的に静観するということになります。その理由は以下の通りであります。

 まず、ズル熊はズルであり、卑怯であるということは真理でありますから、「卑怯だ」と本当のことをいった子どもを注意するわけにはまいりません。他方、ズル熊をした子どもに対し、「ズル熊はズルであるから、やめるべきだ」と注意するのも今の段階では早いものと思われます。。「卑怯だ」と非難された子どもが、「卑怯だな」と思えばズル熊をやめるでしょうし、「そんなことはない」と思えば当面はズル熊を続けるでありましょう。それはそれで悪くないことではありますまいか。

 真理の探究は、子どもたちの主体的な努力により行わるべきものであり、我々はそれを支援することが大切であります。真理とは、ひとたび人々の心に入り込めば大きな力を持つものであります。人々が心より理解し、共有してこそ、真理は真理たり得るのであります。仮にたんなる押しつけになるようであれば、時に大きくゆがめられ、誤解を広げることになりかねないということは、人類200万年の歴史が示すところであります。子どもたちは試行錯誤を繰り返しつつ、「ズル熊はズルである」との真理に必ずや到達し、確信を得ることとなるでありましょう。我々はそれを慌てず見守ることであります。

 「そんな悠長なことを言って、喧嘩になったらどうするのですか?」と心配される方もおられるかもしれません。もちろん、喧嘩になればこれは別の意味で問題でありますから、注意することになります。しかし、喧嘩の仲裁を行おうとすれば、必ずその原因であるズル熊の是非の問題に行き着かざるを得なくなります。ここが現状では解決しがたい重い課題となっているのであります。

 これらの諸問題を解決する道はただ一つであります。ここまで言えばもうお分かりでありましょう。ズル熊の禁止であります。これ以外に解決策は一切ございません。ズル熊のせいで子どもたちは不快な思いをし、「卑怯だ」と非難されなければなりません。また、ズル熊が原因での喧嘩も懸念されるところであります。子どもたちの健康と安全、人権を守るためには、ズル熊を禁止する以外にございません。ズル熊が最初から禁じ手とされていれば、子どもたちはズル熊をすることもなければされることもなく、「卑怯だ」と非難したりされたりすることも一切なくなります。これによって、多くの子どもたちが救われるのであります。

 もはや一刻の猶予もございません。子どもたちを救済しなければなりません。引いては世界の全人類をズル熊の脅威から守り、救済しなければなりません。そのためにはズル熊を全面的即時禁止としなければなりません。

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三棋聖万歳!!!
 我らが親愛なる指導者=加藤一二三棋聖万歳!!!
 我らが輝ける希望の星=加藤一二三棋聖万歳!!!
 革命未だならず。同志奮起せよ!!!!!!!!!

 
 
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
ズルなんてあるの?
穴熊は渡辺竜王や羽生名人もやっている立派な戦法なんだよ。穴熊を禁止だなんてとんでもない暴論だね。プロの先生たちが使っているんだから我々もマネしなきゃダメ。大丈夫。キミはもっと成長できる。だから穴熊もやろうよ。
【2010/05/23 08:41】 URL | 青木 #- [ 編集]

黙れ茶坊主!
貴様のような腰巾着は人民の的だ。パンパースでもはいてさっさとお寝ん寝しな!
【2010/05/24 23:31】 URL | パンパース国防相 #- [ 編集]

間違えたじゃねーか
人民の敵だ。間違えたわ。
【2010/05/24 23:32】 URL | パンパース国防相 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/131-ab02fb4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。