わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界平和のために
 わたくしがテレビを見ながらふと、「日本人は殺人事件が好きなのかね。テレビドラマは人を殺さないと気が済まないらしい」といったことをふとつぶやくと、弟が「ズルリカよりマシじゃないの?ズルリカ映画などはすぐピストルをパンパン撃ちまくる。日本の場合は推理の面が強いからまだ理性がある」といったことを申しました。「わが意を得たり」と思ったわたくしは、「やはり人間が究極まで堕落した姿がズルリカの現状だな」と申しました。

 世界平和の最大の敵=ズルリカと我が国は直ちに手を切るべきであります。まずは世界最悪の不平等条約=日米ズル保条約を一方的かつ即時に破棄し、すべての軍事基地と英会話教室を撤去すべきであります。普天間基地の移設先を探すなど愚かなことであります。一つの基地を返してもらおうとするから問題が困難になるのであります。軍事基地の根拠となっている条約を破棄すればよいだけの話であります。

 世間では鳩山内閣が混迷しているとされ、支持率が大きく下落しております。しかし、この条約を認めつつこの問題を解決するなど、最初から無理なのであります。わたくしのような考え方は正しいが少数であり、我が国の大勢がこの条約を認めている現状において、鳩山首相を非難するのは酷というものであります。それだけズルリカを頂点とする世界のズル勢力は強大かつ危険な勢力であるということなのであります。堂々と「出て行け」という勇気がないのでありましょう。ならばこの際、「いろいろ検討したが、どの地域からも受け入れを反対されて、どうにもこうにもならなくなりました。ごめんなさい」と平謝りに謝って、出て行ってもらうのがよいでしょう。そこまで考えての鳩山首相の深謀遠慮であることをわたくしは期待しております。

 さて、前置きはこの程度にして、何故に世界平和が実現しないのでありましょうか。やはりズル熊が悪いのであります。弱い者を叩き、強い者に媚びる風潮がはびこった結果、ズル熊が蔓延し、そのことがさらに人心を荒廃させるという悪循環に陥っているのが今日の我が国であります。このままでは我が国はズルリカとともに沈没し、世界地図から消滅してしまうでありましょう。もはや一刻の猶予もございません。ただちにズル熊を一方的かつ即時禁止とすべきであります。NHK教育テレビでは、ズル熊に囲った瞬間、放送を中止し、「昭和の名局」に切り替えるべきであります。

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三棋聖万歳!!!
 我らが親愛なる指導者=加藤一二三棋聖万歳!!!
 我らが輝ける希望の星=加藤一二三棋聖万歳!!!
 革命未だならず。同志奮起せよ!!!!!!!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/123-0b672a53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。