わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ある将棋教室にて
 わたくしは先日、同志が経営する将棋教室を訪問いたしました。これは同志からの手紙がきっかけでありました。「美濃囲いや矢倉、穴熊を教えたのですが、子どもたちは穴熊にしか興味を示してくれません。困ったものです。何とかしたいので加藤名人万歳先生のお力添えをいただきたい」等々、悩みが切々と書かれており、放っておけないと思ったのであります。ズル熊の害悪は、もはや将棋教室の指導者の頭をも悩ませる深刻な事態になっているのではないかと思ったのであります。

 わたくしはまず、子どもたち同士で対局をするよう指示しました。すると子どもたちは「どうせ同じ形になるからつまんない」とつぶやきました。わたくしは「どういうことであろうか」と不思議に思った次第でありますが、対局が始まるとその意味がすぐに判明いたしました。子どもたちはスラスラと、三間飛車からズル熊へと先後同型に進めたのであります。初心者であるのにどうしてこのようなことになったのかと思い、「穴熊が好きなのかい?いろんな戦法をやったほうが楽しいと思うよ」と言いました。すると子どもは「というか、穴熊しか知らないんだもん」と言います。わたくしはこれを聞いて、ハッと致しました。謎が解けたのであります。

 子どもたちは我々が考えている以上に敏感であり、大人の影響を大きく受けるものであります。我々が様々な戦法を教えたつもりであっても、教える側がズル熊への強い意識を持っているならば、いつのまにかこれが子どもたちに伝わってしまうものなのであります。すなわち、子どもたちはわたくしたちを映す鏡のような存在なのであります。ズル熊撲滅の闘いは、わたくしたちの心に潜むズルな心との闘いでもあるのです。

 最近はよく、学校などでの子どもたちのいじめが問題になっております。しかし考えてみると、これは大人社会そのものなのであります。現代ズル社会においては、何と陰湿ないじめが横行していることか。わたくしたちにとっては、もはや労働は苦役となっております。子どもたちにとっても、勉強は苦役となっております。世直しが必要であります。

 これらの諸問題を解決する道はただ一つ。ズル熊の全面的即時禁止であります。

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三棋聖万歳!!!
 我らが親愛なる指導者=加藤一二三棋聖万歳!!!
 我らが輝ける希望の星=加藤一二三棋聖万歳!!!
 革命未だならず。同志奮起せよ!!!!!!!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
穴熊を教えるな!
穴熊をするなとなぜきっぱり言わないのだ!日和見主義ではないか!
【2010/02/20 23:00】 URL | 丸越礼人 #sgeqZ3Os [ 編集]

粉砕あるのみ
穴熊に賛成も反対もあり得ない。粉砕あるのみだ!!!
【2010/02/20 23:54】 URL | 大道寺 #- [ 編集]

加藤九段敗れる
加藤九段応援の記事が削除されていますな。残念でした。
【2010/02/27 11:10】 URL | 五十嵐 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/115-f2d6c7f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)