わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



報道関係者の猛省を求む
 国母選手が8位入賞となりました。一時はメダル獲得が期待されていただけに残念なことではありました。大騒ぎされたことが心理面にも少なからず影響を与えたに違いありません。そのような中での国母選手の健闘をわたくしはねぎらいたいと存じます。国母選手がメダルを取っていれば、おもしろいことになるのではないかと期待していただけに、残念でありました。
 
 ところでわたくしが問題にしたいのはそのようなことではございません。今回のマスコミ報道の在り方であります。また、これに扇動された大衆がオリンピック委員会等に電話やメールを殺到させるなど、日本中が異様な空気に包まれてしまったことであります。たかだか服装程度のことで大騒ぎし、本人やご家族に大変な圧力をかけた今回の騒動により、ズル勢力の手先=マスコミ権力の強大さ、恐ろしさを再認識させられたところであります。さらに見苦しいのは、国母選手のメダル獲得の可能性が出てくるやいなや、「意外な素顔」などと題して本人の生い立ちにまで踏み込んだ報道を行い、一斉に方向転換を試みたことであります。弱い者は叩き、成功者には媚びるマスコミの姑息な態度があらわになったのであります。こんな有害な役割しか果たせないマスコミは、もはや禁止しかございません。

 今回の問題をふまえ、わたくしは報道関係者の猛省を求めるとともに、2つの提案をいたします。
 一つは、国母選手と朝青龍との対談を放送してはいかがでありましょうか。聞き手は我らが偉大なる指導者=加藤一二三棋聖とするのがよいでしょう。高視聴率は確実であります。
 二つは、野球選手がガムをペチャクチャかんだり、ペッと地面に吐き捨てたりする下品な行為をやめさせることであります。国母選手の服装などより、こちらの方がよっぽど問題があります。これを機会に、スポーツ選手のマナーについても考えてみるべきであります。

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三棋聖万歳!!!!!
 我らが親愛なる指導者=加藤一二三棋聖万歳!!!!!
 我らが輝ける希望の星=加藤一二三棋聖万歳!!!!!
 革命未だならず。同志奮起せよ!!!!!!!!!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
ほっほっほ
おもろいことになると思ったのにのう。残念よのう。あの若者は拙僧の穴熊病院で治療したほうがよいかもしれんのう。おっと、そないなことを言ったらいかんか。これは失礼失礼。ほっほっほ。何かおもろいことはないかのう。
【2010/02/20 23:03】 URL | 本因坊秀策 #mbBV4UXw [ 編集]

うぜえんだよ!
くそじじい、うぜえ。腰パンなんておれらの間ではジョーシキ。フクソーがどうのこうのうざすぎつうの。あーかったりー。
【2010/02/20 23:50】 URL | 黒猫 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/114-23f7af29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)