わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



平和の祭典をズルの祭典にするな!
 バンクーバーオリンピックが始まりました。世間では日本人のメダルのことばかり気にして大騒ぎをしておりますが、その背後にはズル勢力の陰湿かつ巧妙な策動があることを厳しく指摘しなければなりません。その一つがスノーボードの国母選手に対するマスコミらの不当な攻撃であります。

 たしかに国母選手の服装や言葉遣いについてはわたくしも大変不快に思うものであります。しかし冷静に考えてみてください。結局のところ、他人に迷惑をかけたわけでもなく、単に不快感を与えたというその程度のことに過ぎないであります。

 まずは、国母選手が何故にあのように変な格好をしたのかを考えてみるべきであります。当人はあれが格好いいと思っていたのかもしれませんし、何か悩みでもあったかもしれないのであります。それに耳を傾けつつ、「あれは格好悪いよ」とでもアドバイスしてあげれば良かったのであります。そんなこともなく、いきなり「強制送還」だの「出場辞退」だのという反応は異様であると言わざるをえません。

 国母選手の服装や態度が良くないというのは多くの大衆の声でありましょうが、それはあくまでも多数意見に過ぎません。国母選手はオリンピックに向けて一生懸命練習してきたに違いありません。暇をもてあました大衆が少しばかり不快感を覚えたという理由だけで、これまでの努力のすべてを否定し、出場させないというのはあまりにも理不尽であります。結果的には橋本氏の采配でどうにか開会式の欠席に止めましたが、一人の若者に一斉に集中攻撃を浴びせたこの間の騒動からは、我が国の現状に大きな危惧を抱かざるを得ない不気味なものを感じました。ガリレオ=ガリレイの例を引くまでもなく、多数意見による少数意見の迫害が人類の歴史に大きな影を落としてきたことを、我々は断じて忘れるべきではございません。

 この問題については、漫画家のズルみつる氏の「本国に召還すべきだ」などという過激なコメントが新聞紙に掲載されておりました。ズル氏は、テレビ局のスタジオで帽子をかぶって朝青龍の「品格」を論じるなど、文字どおりズルに満ちた矛盾した言動を繰り返しておりました。室内で帽子をかぶるなどもってのほかであります。まさに「人の振り見て我が振り直せ」であります。

 わたくしは朝青龍問題の際にも繰り返し警鐘を鳴らしてきたところでありますが、これらの攻撃は、社会的に注目度の高い大相撲やオリンピックを利用し、「組織や多数派の意向に逆らえばどんなひどい目にあっても仕方がない」という雰囲気を社会全体に広げ、ズル勢力の支配をより強化することをねらったものなのであります。ズル氏が「制服の乱れを先生は注意しない」などと、社会的に弱い立場にある子どもたちや、ズル勢力が敵視する教育関係者を攻撃していることがその何よりの証拠であり、事の本質を示しております。まさしくズル勢力の手先=マスコミと御用漫画家がその正体を現したというわけであります。

 マスコミは常に事の一面のみをとらえたデタラメな報道を繰り返し、善良なる民を攻撃し、欺いてきたのであり、今後もそうあり続けるでありましょう。もはやマスコミは有害無益な役割しか果たし得ないのであります。だからわたくしは、マスコミは禁止すべきだと申し上げたのであります。我々はズル勢力の手先=マスコミや御用評論家らの言動を厳しく監視するとともに、彼らの扇動に断じて惑わされてはならないのであります。

 こうなったら国母選手にはぜひとも金メダルを取っていただきたいものであります。その時のマスコミの反応が見物であります。わたくし加藤棋聖万歳は心より国母選手の健闘を期待するものであります。がんばれ国母!!!

 いまや、オリンピックという「平和の祭典」は「ズルの祭典」へと変質しようとしているのであります。我々はこの危機的で重大な事態に際し、我らが偉大なる指導者=加藤一二三棋聖の指導の下に固く結集し、ズル勢力のあらゆる策動を阻止しなければならないのであります。

 こんなことになったのもすべてズル熊のせいであります。ズル熊は断固撲滅せねばなりません!

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三棋聖万歳!!!
 我らが親愛なる指導者=加藤一二三棋聖万歳!!!
 我らが輝ける希望の星=加藤一二三棋聖万歳!!!
 革命未だならず。同志奮起せよ!!!!!!!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/113-d064830d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)