わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もはや一刻の猶予もならず
 本日のNHK杯戦は、久保棋王対渡辺竜王というタイトルホルダー同士の闘いとなりました。戦形は相振り飛車となりました。渡辺竜王は美濃囲いに囲ったのものの、一見すると手作りが難しいように思われました。井上八段の解説もそうしたニュアンスでありました。ところが渡辺竜王は巧みに手をつなぎ、そのまま攻め切ってしまいました。自玉は手つかずの圧勝でありました。渡辺竜王の攻めは見事でありました。

 渡辺竜王の将棋はまさに革命的であります。本日のような将棋は従来はありえなかったものと思われます。今後、ますます玉を固めて攻める技術が進化していくことでありましょう。

 美濃囲いでさえも本日のような将棋になるのであります。ましてやズル熊であればどうなったことか、火を見るより明かというものであります。このままズル熊を放置するならば、将棋は崩壊してしまうでありましょう。もはや一刻の猶予もございません。日本将棋連盟は、ズル熊の全面的即時禁止に直ちに踏み切るべきであります。

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三棋聖万歳!!!
 我らが親愛なる指導者=加藤一二三棋聖万歳!!!
 我らが輝ける希望の星=加藤一二三棋聖万歳!!!
 革命未だならず。同志奮起せよ!!!!!!!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/109-dccfea7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。