わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ズルアップ現代①
 NHKは、「クローズアップ現代」という番組を放送いたします。NHKはズル勢力の手先=マスコミの大御所でありますが、視聴者から受信料ズルを徴収している負い目からか、時々比較的よい番組を報道することがございます。「クローズアップ現代」も時々まあまあの内容となることがございます。とはいえ、ズル勢力の意向に完全に反する内容の報道はできないという限界がございます。そこでこのわたくし加藤棋聖万歳が、「クローズアップ現代」の内容をズル理論の視点から検証する「ズルアップ現代」のタイトルで論評を加えることとした次第であります。

 本日の「クローズアップ現代」は、内橋克人氏をコメンテーターとし、ズル会社の一方的な解雇をテーマに雇用問題を検討しておりました。被ズル勢力に比較的同情的な良心的学者である内橋氏を講師に迎えたところに、NHKの配慮と限界を垣間見ることができます。本日の内橋氏のコメントについては、わたくしも多くの点において同意できるものでありました。また、番組全体の内容についても、現代ズル社会の深刻な現状を描くという点においては、まともな意図が感じられ、多くの視聴者もこの問題を考える良いきっかけとなったものと思われます。

 内橋氏は、「昔の企業は強制的に社員を退職に追い込むようなことは恥と考えられていたが、最近はそのことで株価が上がる。好景気にはいい時に人員整理をしようということになるし、不景気の時はいうまでもないということになり、永遠のリストラが続くことになりかねない」という趣旨のことを言っておりました。また、被害者が行政や裁判を利用しても、救済が難しいことが指摘されておりました。国家とは結局のところ、ズル支配の秩序維持のための機構に過ぎませんから、労働者救済のために動くにも限界があります。労働法にはズル勢力の自由度を狭めないよう様々な抜け道が用意されており、ズル勢力の支配が強大な我が国においては特にその傾向が強く、労働法の規制はきわめて弱いものとなっております。番組はこうした現状を分析したものであり、これらについてはわたくしも異論のないところであります。

 しかし、番組の結論は、「雇用が流動化するのだから、セーフティーネットを整備しなければならない。前者だけが先行しているのが問題だ」といった趣旨のものでありました。わたくしはこの点に異論があり、マスコミの限界を指摘せざるを得ないのであります。雇用の流動化は仕方のないことなのでありましょうか。あたかもそれが自然現象のように当然の前提として議論をすすめるところにこの番組の限界を指摘せざるを得ないのであります。結局のところ、彼らはズル勢力の責任問題には踏み込むことができないのであります。ズル会社の儲けのためには、雇用が不安定になっても仕方がないのでありましょうか。また、ズル会社の後始末を国や自治体がすべてやれというのでありましょうか。それでは我が国の国民の生活は不安定化し、国家の財政は破綻してしまうでありましょう。

 これらの諸問題を解決する道はただ一つ。株式会社とズル熊の全面的即時禁止であります。
 NHKは、「クローズアップ現代」という番組を放送いたします。NHKはズル勢力の手先=マスコミの大御所でありますが、視聴者から受信料ズルを徴収している負い目からか、時々比較的よい番組を報道することがございます。「クローズアップ現代」も時々まあまあの内容となることがございます。とはいえ、ズル勢力の意向に完全に反する内容の報道はできないという限界がございます。そこでこのわたくし加藤棋聖万歳が、「クローズアップ現代」の内容をズル理論の視点から検証する「ズルアップ現代」のタイトルで論評を加えることとした次第であります。

 本日の「クローズアップ現代」は、内橋克人氏をコメンテーターとし、ズル会社の一方的な解雇をテーマに雇用問題を検討しておりました。被ズル勢力に比較的同情的な良心的学者である内橋氏を講師に迎えたところに、NHKの配慮と限界を垣間見ることができます。本日の内橋氏のコメントについては、わたくしも多くの点において同意できるものでありました。また、番組全体の内容についても、現代ズル社会の深刻な現状を描くという点においては、まともな意図が感じられ、多くの視聴者もこの問題を考える良いきっかけとなったものと思われます。

 内橋氏は、「昔の企業は強制的に社員を退職に追い込むようなことは恥と考えられていたが、最近はそのことで株価が上がる。好景気にはいい時に人員整理をしようということになるし、不景気の時はいうまでもないということになり、永遠のリストラが続くことになりかねない」という趣旨のことを言っておりました。現状分析としてはわたくしも異論のないところであります。

 しかし、番組の結論は、「雇用が流動化するのだから、セーフティーネットを整備しなければならない。前者だけが先行しているのが問題だ」といった趣旨のものでありました。わたくしはこの点に異論があり、NHKと良心的学者の限界を指摘せざるを得ないのであります。結局のところ、彼らはズル勢力の責任問題には踏み込むことができないのであります。ズル会社の儲けのためには、雇用が不安定になっても仕方がないのでありましょうか。また、ズル会社の後始末を国や自治体がすべてやれというのでありましょうか。それでは我が国の国民の生活は不安定化し、国家の財政は破綻してしまうでありましょう。

 これらの諸問題を解決する道はただ一つ。株式会社とズル熊の全面的即時禁止であります。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/105-fbc98bac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。