わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開設の辞
 全国の善良なる将棋ファンの皆さん、日々ズルとの闘いにご奮闘いただいていることと思います。日頃の皆さんのご労苦に対し、わたくし加藤名人万歳は、反ズル勢力を代表し、心より感謝申し上げるものであります。
 わたくしはこの10年あまり、ズル熊を代表とする将棋のズルな囲い・戦法・形を徹底的に非難し、その禁止を求めて闘ってまいりました。しかしながら、ズルはいっこうになくならないばかりか、ますます巧妙かつ露骨な形で横行しております。我々の闘いが強化されればされるほど、ズル勢力の抵抗もまたより激しくなることは、これまでの人類400万年の歴史が証明するところであります。しかし同時に、我々の正義の闘いが最後には必ずや勝利することもまた、人類400万年の歴史が証明するところであります。
 わたくしは、盤上のズルのみならず、社会のズルをも、告発してまいりました。将棋もまた、社会の中にありますから、社会のズルに影響を受けますし、社会もまた将棋のズルと無関係ではあり得ません。わたくしたちは、このような相関関係を念頭に置きつつ、ズルとの闘いをよりいっそう強化しなければならないのであります。
 かつてガリレオ=ガリレイは、「地球が太陽の周りを回っている」といったというただそれだけのことで、石頭で凝り固まっていた当時の中世社会のズル勢力から激しい弾圧を受けました。しかし現在ではどうでしょうか。天動説など笑い話にもなりません。他方、地動説は常識としての地位を確固たるものとしているのであります。真理は必ずや勝利することが、この一事をもってしても明々白々なのであります。
 全国の善良なる将棋ファンの皆さん、そしてズルとの闘いに日々奮闘されている皆さん、今こそ総力を結集し、ズル勢力とその手先=ズル熊党打倒のため、全力を傾注しなければならないのであります。革命未だならず!!!同志奮起せよ!!!ズル勢力を粉砕せよ!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

ブログ開設おめでとうございます。これからもお互い穴熊撲滅に向けてがんばりましょう。
私も微力ながら、応援させていただきます。
【2006/11/05 21:05】 URL | 終盤の魔術師 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/1-6e5735ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。