わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



将棋界に蔓延するズルの弊害の深刻さが明らかに
 最近、コンピュータとプロ棋士との2番勝負が行われ、プロの完敗となりました。あのように実力差が開いたのは何ゆえでありましょうか。ズル熊であります。ズル熊が蔓延し、玉を固めることばかりにとらわれ、将棋の真実の追求がおろそかになった結果、プロ棋士の実力が低下した。これが事の真相であります。

 ズル熊の弊害はもはや明らかである。日本将棋連盟は直ちにズル熊を全面禁止せよ!!!

 われらが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 革命いまだならず。同志奮起せよ!!!!!
スポンサーサイト
石井四段、ズル熊を成敗!
先日のNHK杯は、石井四段の四間飛車に大石六段の居飛車ズル熊となりました。石井四段が普通の四間飛車であったため、大石六段がガチガチの四枚ズル熊に組み、現代ズル将棋においては先手がかなり勝ちやすいという局面になりました。解説の所司七段も終始、「ズル熊は固いですからねえ」と、ズル熊ペースであるとの見解を表明しておりましたし、かくいうこのわたくしも「どうせ最後はズル熊が勝つんだろう」と半ばあきらめの心境で観戦しておりました。

 ところがであります。終盤に石井四段が鮮やかな寄せでズル熊を即詰みに打ち取りました。あとでコンピューターで調べてみると、どうやら、終始、ズル熊ペースだったというのは見当違いであり、終始、振り飛車ペースであり、順当に押し切ったというのが真相のようであります。長年、ズル熊のズルを見せられてきたせいで、解説の所司七段はむろんのこと、多くの視聴者や、不覚にもこのわたくしまで、大局観を狂わされていたようであります。ズル熊によっていかに人間の目が曇らされていたかがわかるというものであります。

 それにしても、ズル熊を成敗した石井四段は立派でした。最大限の賞賛に値します。一方、大石六段は、これまでも繰り返しズル熊を繰り返してきたであろう(わたくしはよく存じ上げませんが)ことから、その弊害が出たものと推察いたします。これを機会にきっぱりとズル熊と縁を切り、自らを見つめなおすことを進言いたします。また、日本将棋連盟はこれを機に、直ちにズル熊を禁止すべきであります。

 ズル熊は直ちに禁止せよ!!!
 われらが偉大なる指導者=加藤名人万歳!!!
 革命いまだならず。同志奮起せよ!!!!
さあ、穴熊をしよう!
穴熊万歳!