わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ズルの弊害明らかに
 昨日のNHK杯は、広瀬八段対行方八段でありました。戦形は相矢倉でありましたが、広瀬八段が趣向を見せました。しかし、「こんな形で大丈夫なのか」とわたくしは直感いたしました。案の定、広瀬八段は何の工夫もなく、暴発を始めました。あのような攻めは一目で無理攻めだということがわかります。驚いたことに、解説の阿久津八段も一時は先手持ちであるかのように言っておりました。あの雰囲気から察するに、おそらく、司会の清水名人のみが、先手の攻めが無謀であるということがわかっていたのでありましょう。ズルの弊害はこれほど深刻に蔓延してしまったのであります。仮に子供があんな小手先の無理攻めをすれば、直ちに注意するところであります。

 これは明らかにズルの弊害であります。ご存じのとおり、広瀬八段はズルの頭目=振り飛車ズル熊でタイトルを獲得した代表的なズル棋士でありました。ズルを脱却し、真の実力をつけるために、最近は居飛車を多用しているようであります。このことは評価しないではありませんが、本局を観戦すると、ズルの弊害が著しいと言わざるを得ません。あれでは、アマチュア初段の将棋と言っても誰も疑わないでありましょう。広瀬八段のさらなる精進を期待するものであります。

 こんなことになったのも、すべてズル熊と共同研究のせいだ。共同研究が、インフルエンザのようにズルを蔓延させたのであります。ズル熊と共同研究は断固禁止せよ!!!

 前進!前進!革命!革命!闘争!闘争!勝利!勝利

 われらが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 われらが親愛なる指導者=青野照市名人万歳!!!
 革命いまだならず。同志奮起せよ!!!!!!
スポンサーサイト