わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋敷九段、名人候補となる!
 本日のNHK杯は藤井九段対屋敷九段。戦形は久々に四間飛車に居飛車急戦となり、わたくしは嬉しい気持ちになりました。屋敷九段の棒銀が最も期待されましたが、屋敷九段はさらにそれを上回る趣向を見せました。なんと、2枚の銀を繰り出したのであります。これにはさすがのわたくしも驚きましたが、同時に「これでうまくいくのだろうか」と不安を覚えました。

 わたくしの不安が的中したのか、藤井九段が▲7六飛と歩を払ったところで、佐藤名人が「これは仕掛けが失敗しました」と断言し、わたくしもそのように感じました。しかし、少し局面が進むと、必ずしもそうではないことに気がつき、屋敷九段の卓越した大局観に感心した次第であります。実戦では、屋敷九段が△8八歩~△6五銀直と攻め急いだことで形勢を損ねましたが、△4四歩として、次に△3一角と引くか△4三銀と自陣を整備する手を見せておけば、後手が指せる将棋でありました。

 最近の屋敷九段は棒銀を多用しており、加藤名人の後継者としての地位を急速に確立しつつあります。本局に敗れたため、加藤名人の後継者として認めるのは早計でありますが、今後さらに精進し、「屋敷名人」となっていただきたいものであります。

 われらが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 われらが親愛なる指導者=青野照市名人万歳!!!
 われらが輝ける希望の星=豊島将之名人万歳!!!
 革命いまだならず。同志奮起せよ!!!
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。