わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



参議院の「合区」は妥当か?
  「一票の格差」の縮小を目的に、隣接した県を合体して参院選の選挙区とする「合区」が話題となっております。果たして妥当な案なのでありましょうか。

  これについて識者からは「できるだけ一票の格差をなくそうとすると、合区を取らざるを得ない。すると、大都市選出の国会議員が圧倒的に多くなり、地方選出の議員がどんどん少なくなっていく。(中略)大都市中心の国会になってしまうと、地方に根付いた日常的なことに関心が薄れてしまう。(中略)本当にそれで良いのだろうか」《片山善博・慶応大教授(元鳥取県知事)》、「『とにかく投票価値を1人1票にしろ』という主張が目立ち、『何のために投票価値を平等にしなければいけないのか』という検討が不足している。そうした中で都道府県の枠を崩していいのか。(中略)投票価値の平等というスローガンだけで話を進めると、全国民の代表機関として、国会がふるまえなくなる懸念がある」《木村草太・首都大学東京准教授(憲法学)》(朝日新聞)といった声が上がっております。

 わたくしはいずれの主張にも一理あると考えますが、具体的な解決策が見えません。それは何ゆえでありましょうか。

 今世間では、国会議員の定数を削減しなければならないということが、さも当然のように主張され、受け入れられております。このことが、問題の解決を困難にしている最大の要因なのであります。わたくしは、一票の格差を平等にしなければならないとの主張自体に懐疑的でありますが、個人を何よりも尊重する現行憲法においては、裁判所がそのような結論を出さざるを得ないということには理解できる面もございます。一方で、地方代表を減らし、都市部の議員ばかりにしてしまうのであれば、「全国民の代表機関としての国会」としての機能を果たせなくなるのではないかとの懸念があることは、木村准教授の指摘のとおりであると考えます。

 一票の格差解消と全国民の代表機関としての国会機能の堅持。この憲法上の二つの要請を実現する道はただ一つ。国会議員の増員以外にはございません。地方選出の国会議員を維持しながら、都市部の定数を増やせばよいのであります。

 このようにいうと、「加藤名人万歳は定数削減に反対なのか。身を切る改革に反対なのか」と、ズル勢力の宣伝を真に受けた善良なる市民の批判を浴びるかもしれません。しかし、民主主義とは、そもそも時間とカネ、労力がかかる制度なのであります。コストや効率のみを重視し、議員は少なければ少ないほうがよいという議論を突き詰めれば、これは独裁政治がよいということになってしまいます。民主主義の理想は直接民主制であります。しかし、直接民主制は現実にはなかなか困難な面もあることから、便宜上、間接民主制=議会制民主主義がとられていると考えるべきであります。したがって、間接民主制といえども、できるだけ直接民主制に近い形で、国民の意思が正確に反映される制度が望ましいということになるわけであります。昨今の国・地方の議会の定数削減論議は、民主主義否定の論議と言っても過言ではございません。

  いわゆる「身を切る改革」なるものは、ズル政党が掲げる欺瞞にすぎません。議員定数の削減によって切り捨てられるのは、地方の声であり、少数者・社会的弱者の声にほかなりません。定数を削減すればするほど、ズルな議員だらけになっていくということは火を見るよりも明らかだからであります。一方、国会議員の給与など、国家財政全体からすると、たいした金額ではございません。我々は民主主義国家の国民であります。民主主義のコストとして、大盤振る舞いするぐらいの度量を持つべきであります。ここは思い切って、国会議員の定数を大幅に増員することを提案いたします。

 わたくしがこうした問題にこだわるのが、この問題にも昨日述べた「コスト至上主義」を感じるからであります。コスト至上主義は人間にとって大事なことを忘れてしまい、金のことばかりチマチマいう人間軽視の思想であり、ズル勢力の支配を支えるイデオロギーであるといってよいでしょう。我々はこのコスト至上主義を打破しなければならないのであります。

 こんなことになったのもすべてズル熊のせいだ!ズル熊が人間性を喪失させ、人間軽視の殺伐とした社会をつくってしまったのである。
 
 ズル熊は禁止!禁止!撲滅!撲滅!粉砕!粉砕!闘争!闘争!
 
 われらが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 われらが親愛なる指導者=青野照市名人万歳!!!
 われらが輝ける希望の星=豊島将之名人万歳!!!
 革命いまだならず。同志奮起せよ!!!
スポンサーサイト
新国立競技場の建設計画見直し=コスト至上主義批判
 ズル首相は7月17日、東京五輪のメインスタジアムとなる新国立競技場の「建設計画を白紙に戻し、ゼロベースで見直す」と表明いたしました。理由については「コストが当初よりも大幅に膨らみ、国民から批判があった」と説明しました。当初は1300億円と見積もったコストが2520億円になったというのであります。

  このことについて森元首相は「国がたった2500億円 も出せなかったのかねという不満はある」と指摘しており、わたくしもこれに同感であります。オリンピック誘致にかかわっては、「金もうけ」の要素が少なからずあるということはもともとわかりきっていることでありました。多少の「無駄遣い」は覚悟の上で、オリンピックを誘致したはずではありませんか。いまさら何を言うかという気さえします。わたくしはもともと、オリンピック誘致そのものに反対であったわけでありますが、実施することが決まった以上、国家の威信をかけて、カネと労力を惜しまず、成功に向けて全力を挙げるべきでありましょう。

  2520億円が高いというのであれば、一体いくらであれば高くないのでありましょうか。一説では1800億円程度で収める方向で検討が進められるとも聞きます。しかし、1300億円であれ、1800億円であれ、2520億円であれ、大差ないと言えます。コストが何倍にも膨らむというのならばいざ知らず、せいぜい2倍程度の話であります。この程度のことで大騒ぎし、もめるというのでは、わが国の信用が失墜するのではないかと心配になります。森総理の言うとおり、わが国の経済力からすれば、この程度の負担は大したことはないと言えます。

  何かというと、コストばかりが強調される昨今ですが、オリンピックのメインスタジアムをコストのみで白紙撤回したというのが気に入りません。安ければ安いほどよいかのような主張は、スタジアムを建設する業者や働く人々のことを忘れているように感じます。世界の誇れる立派な施設を建設するためには、それに携わる人々にしっかりと報酬を支払わなければなりませんし、そのためには相応のコストがかかるということは当然のことと言わなければなりません。

 ズル首相は1カ月ほど前から見直しを検討してきたと言っていると聞きます。そうであれば、政府方針をいったん決定した上で見直しを表明したのは、自作自演ということになります。ズル首相はこの際、堂々と、自作自演を行ったことを認めるべきであります。ご存じのとおり、わたくしは自作自演は悪いことではないという考えであります。

 安保関連法案を何としても成立させたいがための人気回復策として、自作自演を行ったわけであります。ズル首相にとっては、新国立の問題など、そもそもたいした問題ではないのでありますし、わたくしもそう思います。新国立はカネで解決できますが、安保法制は国民の命にもかかわる重大問題であります。

 現代ズル社会はあらゆる分野がコスト至上主義におかされている。ズル熊もその一種だ!ケチケチとした社会が盤面に反映したものがズル熊なのだ!ズル熊を直ちに禁止せよ!撲滅せよ!撃滅せよ!

 われらが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 われらが親愛なる指導者=青野照市名人万歳!!!
 われらが輝ける希望の星=豊島将之名人万歳!!!
 革命いまだならず。同志奮起せよ!!!
「ズル熊名局集」批判(その1)
 日本将棋連盟は「ズル熊名局集」(大内延介監修)を出版いたしました。この「名局集」では、大内、西村、福崎、広瀬というズル熊党4棋士のインタビューも収録され、ズル熊を全面的に正当化する不当なものとなっております。しかも、ズル熊の「名局」ばかりを100局も集め、解説していることは、日本将棋連盟がズル熊を黙認するばかりか積極的に推進する立場にまで転落したことを示しており、わたくしはこのような日本将棋連盟の姿勢に厳しく抗議するとともに、出版を直ちに差し止めるよう求めるものであります。

 大内穴熊党総裁は本書について「古今の穴熊の名局を100局集め、解説するという今までにない試みで、私を含め穴熊党の棋士としては嬉しい限りである」と述べております。すべてのズル熊党にとって、日本将棋連盟がズル熊を積極的に推奨するに至ったことは大変喜ばしいことでありましょう。今後、日本将棋連盟の庇護の下、ズル熊はさらに蔓延し、将棋の腐敗に拍車がかかることが懸念されるところであります。

 その影響は早速あらわれているようであります。近頃放送されたNHK杯、藤森哲也四段対甲斐智美倉敷藤花戦では、藤森四段が女性に対してズル熊をするという信じがたい暴挙に出ました。わたくしは藤森四段には期待していただけに、裏切られた思いであります。女性にズル熊をすることに罪悪感がないとすれば、これは重症であります。藤森四段の猛省を求めるものであります。

  一方、大内穴熊名人が「今の将棋は何でも穴熊にしようという傾向がありますが、どうなんでしょうか」と苦言を呈していることは注目に値します。大内名人によると、穴熊の歴史はあくまでも技術革新の歴史というのであります。今後、こうした諸問題を随時、論評していくことといたします。

  ズル熊の歴史の正当化を我々は断固認めない!ズル熊は汚い策を弄しながら、王様の周りを部下でコンクリートのように固め、部下がどんなに犠牲になっても王様だけが無事であればよいという極めて非人間的で封建的な戦法であります。このような戦法は、王様を守るためには国民にあらゆる犠牲を求める思想につながり、このような戦法が蔓延するならば、わが国の平和と民主主義が脅かされるでありましょう。ズル首相が執念を燃やす「安保法制」はその早速の現れであります。ズル熊の歴史の正当化は、かつての戦争の正当化を図るズル政権の姿勢と重なって見えます。黒を白と言いくるめる風潮が社会全体を覆ってしまうのでありましょうか。我々は平和と民主主義、言論の自由を脅かすズル勢力のあらゆる策動と闘わねばならぬ。

 ズル熊の歴史の正当化を許さず、ズル熊を断固粉砕するぞ!粉砕するぞ!粉砕するぞ!

 われらが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 われらが親愛なる指導者=青野照市名人万歳!!!!
 われらが輝ける希望の星=豊島将之名人万歳!!!!
 革命いまだならず。同志奮起せよ!!!!!!!!!!