わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もはやどんな言い訳も通用しない!~屋敷伸之九段 vs ponanza(第3回電王戦第5局)~
第03回電王戦第5局は 屋敷伸之九段 vs ponanzaでありましたが、ponanzaの圧勝に終わりました。結果はわたくしの予想通りではありましたが、内容が思った以上に一方的であったことは、プロ棋士の勝利を信じていた諸君にとっては衝撃的であったと思われます。

 この将棋は相横歩取りとなりました。屋敷九段は▲3六歩~▲3七桂から積極的な攻勢を見せる意欲的な作戦を見せました。しかし、見せ場はここまでであったといっても過言ではございません。わたくしの見るところでは、その後、▲9六歩~▲9五歩と伸ばした手順が疑問の構想でありました。▲3六歩~▲3七桂の構想と、▲9六歩~▲9五歩の構想は連携しておらず、ちぐはぐであったと言わざるを得ません。この端の2手により屋敷九段の駒組みが遅れ、形勢が不利となりました。▲8七歩とここに打たされるようでは完全に失敗であります。横歩を取った飛車を切ることも辞さない覚悟であるならば、のんびり端歩を突いている場合ではなかったのであります。

 本局のように、プロとしては信じられないような大局観の誤りが生じたのは何ゆえでありましょうか。これすなわちズル熊と共同研究の弊害にほかなりません。ズル熊で玉をがちがちに固め、いいかげんにパンパンと飛車角を切って団子攻めのようなことばかりやり、共同研究によって基本がないがしろにされてきた結果、結局のところ、定跡を外された場合の応用力も失われてしまったということが本局において如実に現れたと言わざるを得ないのであります。このことは、豊島名人以外の電王戦全体に言えることなのであります。

 今回の電王戦に最も危機感を持って対応したのが、5人の中で最も実力のある豊島名人であったと思われます。聞くところによると、豊島名人がこの一戦のために、コンピューターと1000局も対局したそうであります。相手を侮らず、将棋界全体を背負い、全力を尽くした豊島名人にあらためて心よりねぎらいの言葉をかけたいと思います。そうして、豊島名人こそが、加藤名人の後継者として将棋界を担うにふさわしい大名人となられる方であることが、本電王戦においてますます明らかとなった次第であります。

そうして、わたくしの当初の予想通り(3月17日記事参照)、プロ棋士の1勝4敗に終わったことは、わがズル理論の正しさがますます証明されたものであるということも、付言いたします。

 もはやどんな言い訳も通用しない!!!ズル熊と共同研究ズルを直ちに禁止・糾弾せよ!!!
 
 われらが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 われらが親愛なる指導者=青野照市名人万歳!!!
 われらが輝ける希望の星=豊島将之名人万歳!!!
 革命いまだならず。同志奮起せよ!!!!!
スポンサーサイト
小保方氏を救え!
 STAP細胞を巡り、小保方氏の「ねつ造」が世間を騒がせております。先日の記者会見においても、「STAP細胞を200回以上作った」等と、誰が聞いても大嘘としか思えない説明をし、火に油を注いでおりました。わたくしはこの説明を聞いて、かつてわたくしが小学生の時に、わずか15分程度の休み時間に、「運動場を15周走った」と明らかな大ぼらを平然と吹いていた「優等生」女子生徒がいたことをふと思い出し、これと同じようなものであろうかと思いました。

 それでもわたくしは、小保方氏を擁護しなければなりません。自然科学においては、かくも厳しく実験に基づく証明が求められるのであります。しかるに、社会科学はどうでありましょうか。「経済学者」と称して大嘘の「学説」にもとづく政策を主張し、政権に取り入り、貧困と格差を今日のように拡大させた者は何の責任も問われないばかりか、今日においても社会に害をなす大嘘をまき散らし続けているというわけであります。自然科学においては嘘は許されないが、社会科学はどんな嘘も許されるがごときであります。このようなニセ社会科学者と比べれば、STAP細胞などあろうがなかろうが我々には何の害もないわけでありますから、わたくしは小保方氏をあまり責める気持ちにはなれないのであります。

しかも、「トカゲのしっぽ切り」のような対応には大いに疑問があるというものであります。部下の責任は上司の責任でもあるというのが、当然のことではありますまいか。その点について、ズル勢力の手先=マスコミは不思議なことに、あまり問題にしていないように見受けられます。おそらくズル勢力は、この問題を小保方氏個人の責任として過小評価し、早急に幕引きを図ろうというのであり、マスコミもその意向を受けた報道を行っているというわけであります。このような状況から、この問題には、ズル勢力の既得権益を守るための陰謀が隠されていることが推察されます。

このようなズル勢力の卑怯な陰謀を許してはならない!がんばれ!小保方氏!!!

 このように、自然科学は厳格に科学性を求められる一方、社会科学はどんな嘘でも野放しにされているというのが実態であります。そういうわけでございますから、果たして社会科学は科学たり得るのかとの疑念が広がることは、ある意味当然でありましょう。しかしわたくしは、社会科学は科学たり得ると考えております。すなわち、ズル勢力と闘う立場に立つことによってこそ、我々は真理の探究を続けることができ、したがって社会科学は科学たり得るのであります。わがズル理論はまさしく社会科学なのであります。

 われらが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 われらが親愛なる指導者=青野照市名人万歳!!!
 われらが輝ける希望の星=豊島将之名人万歳!!!

 革命いまだならず。同志奮起せよ!!!!!
プロ棋士、再び敗北~第3回電王戦第4局 ツツカナ vs 森下卓九段~
 第3回電王戦第四局は、 ツツカナ vs 森下卓九段でありました。後手番となった森下九段は、相矢倉を堂々と受けて立ち、中央での折衝で優勢な局面を築きました。ここまでは「さすがはプロ」と多くの将棋ファンが思ったことでありましょう。たしかに森下九段が△6九金から角を取ったところまでは、後手優勢であったといえましょう。しかし、ツツカナはペタペタと駒を打ち付け、しぶとく粘りました。これが森下九段の攻め急ぎを誘い、ツツカナの逆転勝ちとなった次第であります。

 局面が優勢になったにもかかわらず、コンピューターにごまかされてしまったことは、プロ棋士の権威を大きく失墜させる重大事であったと言わざるを得ません。すなわち、森下九段はたしかに「筋」的な指し回しはしていたと思われますが、コンピューターらしいなりふり構わない粘りには対応できなかったというわけであります。これこそが、わたくしが長年にわたり繰り返し述べてきたズル熊と共同研究の弊害にほかなりません。

 第3回電王戦は、わたくしが当初予想した通り、1勝4敗でプロの負けという線がほぼ確実な情勢といってよいでありましょう。しかし今回の結果は、プロ棋士をコンピューターが超えたということまでを示すものではございません。羽生、渡辺、豊島クラスであれば、勝てるとわたくしは断言いたします。

 これ以上の棋士の実力低下を日本将棋連盟は見過ごしにしてよいのでありましょうか?現実から目をそらすな!!!

 ズル熊と共同研究は直ちに禁止せよ!!!直ちに禁止せよ!!!直ちに禁止せよ!!!

 われらが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 われらが親愛なる指導者=青野 照市名人万歳!!!
 われらが輝ける希望の星=豊島 将之名人万歳!!!


 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。