わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



第3回電王戦第3局(豊島将之 VS yss )
  第3回電王戦第3局が3月29日行われ、豊島将之名人の圧勝に終わりました。将棋界の期待に応え、歴史的大勝利を収めた豊島名人のご奮闘に敬意を表するとともに、ますますのご活躍を期待するものであります。がんばれ、豊島名人!!!

 しかし、今回のコンピューターの敗戦は不可解でした。横歩取りで始まった序盤の△6二玉という一手であります。豊島名人が角交換から▲2一角と打ち込み、たちまち優勢を築き上げました。その後はコンピューターが必死のがんばりを見せましたが、豊島名人が的確に対応し、圧倒的勝利に終わった次第であります。

 豊島名人の指し回しはさすがと思わせるものでありましたが、それにしてもコンピューターの敗戦はあっけなく、前の2局は一体なんであったかという思いも致します。仮に、横歩取りの定跡通りに進めていれば、どのような将棋になったのかは興味のあるところであります。すなわち、今回の結果は、コンピューターがあまりにも不出来であったように思うのであります。ひょっとすると、そういうところにコンピューターの意外な弱点が潜んでいるのかもしれません。

 本局において豊島名人が、どら焼きを食したと聞きます。かくいうこのわたくし加藤名人万歳もまた、どら焼きが大の好物であり、「わが意を得たり!」の気分であります。

 いずれにしても、われらが輝ける希望の星=豊島将之名人こそが、加藤一二三名人の後継者としてふさわしい方であることが明らかとなった次第であります。

 われらが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 われらが親愛なる指導者=青野照市名人万歳!!!
 われらが輝ける希望の星=豊島将之名人万歳!!!

 革命いまだならず。同志奮起せよ!!!
スポンサーサイト
ズル熊の弊害ここに極まれり!~第3回将棋電王戦第2局はコンピューターの勝ち~
 「第3回将棋電王戦」第2局・佐藤紳哉六段 対 やねうら王の対局が昨日行われ、95手でやねうら王の勝ちとなりました。わたくしはこの結果に厳しく抗議するとともに、ズル熊の全面的即時禁止をあらためて強く求めるものであります。ズル熊は即時全面禁止せよ!!!

 この将棋はやねうら王の先手四間飛車に佐藤六段の居飛車ズル熊となりました。やねうら王の四間飛車は、昔ながらの四間飛車で、今やプロ界では見向きもされない戦形であります。その不利とされる戦型で、佐藤六段の無理攻めの仕掛けを的確にとがめ、コンピューターが圧勝したのが今回の結果であります。コンピューターが終始優勢であったにもかかわらず、プロ棋士の権威を保つために様々な言い訳を見苦しく駆使し、あたかも熱戦であったかのように事実を捻じ曲げる試みが展開されておりましたが、もはやどんな言い訳も通用しないのであります。

 プロ棋士はこれまで、ズル熊で玉を固めさえすれば勝ちやすいとし、ズルに依存し、真の実力が低下したがために、このような惨敗に至ったのであります。わたくしは日本将棋連盟全体の猛省を求めるとともに、ズル熊と共同研究の即時禁止の歴史的大英断を期待するものであります。

 実力低下時代に人間が勝利する道はただ一つ!相ズル熊、相ズル熊しかございません!人間の能力が最大限に発揮できる相ズル熊に最後の希望を託すしかないのが現実でございます。プロ棋士よ!見栄を張らずに得意分野のズルで勝負せよ!

 ただし、われらが輝ける希望の星=豊島将之名人は別格であります。豊島名人は必ずやコンピューターを正々堂々の実力将棋で撃破し、全国の善良なる将棋ファンの希望の星としてますます光り輝くことになるでありましょう。

ズル熊はやはり禁止だ!!!
 
 前進!前進!革命!革命!勝利!勝利!

 われらが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 われらが親愛なる指導者=青野照市名人万歳!!!
 われらが輝ける希望の星=豊島将之名人万歳!!!
 
 革命いまだならず。同志奮起せよ!!!

 
ズル熊を捨てて一から出直せ~第3回電王戦~
 第3回電王戦第1局は、菅井竜也五段 VS 習甦でありました。やはりわたくしの予想通り、習甦の勝ちとなりました。ズル熊やフキゲン中飛車などいい加減な戦法でゴマカシ勝ちを続けているプロ棋士が、一切のミスがない安定した実力を持つコンピュータに勝てるわけがないのであります。

 ところが菅井五段はこのことに全く反省がないようであります。数日後の対長沼戦では、相矢倉にもかかわらずズル熊に囲い、ゴマカシ勝ちをしておりました。こんなことだから、いつまでたっても本物の実力がつかないのであります。菅井五段の猛省を求めるものであります。

 第3回電王戦は、われらが輝ける希望の星=豊島将之名人以外の棋士の負けは確実であり、1勝4敗でプロの負けと予想いたします。

 プロ棋士よ、ズル熊を捨てて一から出直せ!!!

 これはわたくしの最後の忠告であります。

 こんなことになったのもすべてズル熊のせいだ!ズル熊は即時全面禁止せよ!!!

 日本将棋連盟よ!コンピューターに勝ちたければズル熊とフキゲン中飛車・角交換振り飛車を即時禁止せよ!!!ついてにズルシステムも禁止だ!!!

 われらが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 われらが親愛なる指導者=青野照市名人万歳!!!!
 われらが輝ける希望の星=豊島将之名人万歳!!!!
 
 革命いまだならず。同志奮起せよ!!!!!!!!!