わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



重ねてズル熊はやはり禁止すべきだ
 本日のNHK杯は、森九段対屋敷九段となりました。森九段の三間飛車に対し、やはり屋敷九段のズル熊となりました。「やはりそうか」と思いつつも、最近では珍しい戦形となったため、森九段の対策に注目しました。森九段が積極的に仕掛け、屋敷九段の飛車を取りました。このあたりでは、振り飛車もまずまずかと思われましたが、わたくしは一抹の不安を感じました。「これで振り飛車がよくなるのであれば、ズル熊が今日のように蔓延することはないはずであろう」と思ったのであります。

 やはりわたくしの不安は的中いたしました。屋敷九段は△3五歩からゴチャゴチャとイチャモンをつけた後、ペタッと△4一香と打ちました。たったこれだけのことで、ズル熊の勝勢となってしまったのであります。

 このように、何の工夫もなく、実力に関係なく勝ちとなることを「ズル」というのであります。本局を見るならば、「ズル熊はズルであり、直ちに禁止すべきだ」というズル理論の基本的原理があらためて明らかとなったのであります。典型的なズル形だ!!!断固糾弾する!!!

 前進!前進!革命!革命!禁止!禁止!勝利!勝利!
 
 われらが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!!!!
 われらが親愛なる指導者=青野照市名人万歳!!!!!!!
 われらが輝ける希望の星=豊島将之名人・棋聖万歳!!!!
 革命いまだならず。同志奮起せよ!!!!!!!!!!!!
スポンサーサイト
やはりズル熊は禁止すべきだ
 本日のNHK杯は上田女流三段と西川四段でありました。将棋は相ズル熊となりました。序中盤は西川四段の指しやすい将棋でありましたが、△4二角と疑問手を指したため、一瞬、上田三段が面白くなったかと思われました。しかし、次の瞬間でありました。上田三段が無謀にもパーンと角を切って飛車を走るというどう考えても無謀な攻めを決行いたしました。以下は西川四段の楽勝となった次第であります。角を切るところでは、当然、▲5四歩と指すべきであり、それで先手有望であったはずであります。

 上田三段は何ゆえに、あのようにアマ初段もあれば無謀だとわかる攻めを決行したのでありましょうか。これすなわち、ズル熊の弊害であります。上田三段は有望な女流棋士でありますが、ズル熊を多用していることが以前から気になり、わたくしも苦言を呈してきたところであります。本局により、本人もズルの弊害を自覚したことでありましょう。ただちにズル熊をやめよ!!!

 われらが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 われらが親愛なる指導者=青野照市名人万歳!!!!
 われらが輝ける希望の星=豊島将之名人万歳!!!!
 革命いまだならず。同志奮起せよ!!!!!!!!!