わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



第2回電王戦におけるプロ棋士敗北の意味するもの
 将棋ソフトとプロ棋士5人が対局する第2回電王戦は、1勝3敗1引き分けで、プロ棋士の完敗となりました。わたくしはこの結果に対し厳しく抗議するとともに、ズル熊の即時全面禁止と共同研究の禁止を改めて要求するものであります。

 開幕前のわたくしの予想は、「2勝3敗でプロの負け」というものでありました。すなわち、阿部四段と三浦八段の勝ち、それ以外の棋士の負けというものであります。この予想はおおむね常識的であったと思われます。すなわち、トップ棋士の実力は依然コンピュータを上回っているというものであります。他の3棋士については、実力的にあまり評価が高くないため、負けと予想するのが妥当なところでしょう。

 結果は、塚田九段が苦戦に陥りながらも入玉して引き分けに持ち込む大健闘を見せる一方、名人戦挑戦者にもなったことのある三浦八段が「なぜ負けたのかがわからない」というほどの完敗となりました。これは何を意味するのでありましょうか。

 三浦八段は大変な研究家として知られております。一方、コンピュータのほうも、膨大な手数を読む上に、あらゆる定跡をインプットされていると聞きます。よって、プロ棋士が勝つためには、大局観、すなわち真の実力が備わっていなければなりません。すなわち、真に実力そのものが問われるのがこの電王戦であったわけであります。

 しかし、多くのプロ棋士は敗れてしまったわけであります。これすなわち、プロ棋士に実力がなかったということが証明されたということにほかなりません。わたくしもまた、プロ棋士の実力を一定信用していただけに、今回の結果には驚きを禁じえません。ズルの弊害は今日、このような深刻な事態を招くまでに進行していたのであります。

 他方、塚田九段の健闘は、ズル熊と共同研究の蔓延以前の実力の時代を経験したベテランならではの実力を発揮したものと評価できます。

 何故にプロ棋士の実力が低下したのであるか。これすなわち、ズル熊と共同研究のせいであります。ズル熊と共同研究に依存し、真の実力がついていなかった結果が今回の敗北であったわけであります。日本将棋連盟とプロ棋界は今回の結果を猛省すべきであります。

 もはやいかなる言い訳も通用しません。日本将棋連盟は直ちにズル熊を即時全面禁止するとともに、共同研究も禁止すべきであります。そのことは、プロ棋士の実力向上をもたらすとともに、個性を没却させる共同研究の禁止は、多様な将棋を復活させ、将棋界再生につながるものとなるでありましょう。

 われらが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 われらが親愛なる指導者=青野照市名人万歳!!!!
 われらが輝ける希望の星=豊島将之名人万歳!!!!
 革命いまだならず。同志奮起せよ!!!!!!!!!
 
スポンサーサイト
阿久津七段、「穴熊はズルである」と言明
 先週のNHK杯は、中村六段対野月七段。戦形は野月七段が三間飛車に出て、中村六段が当然のように居飛車ズル熊に組みました。局面は野月七段がリードを奪い、中盤には必勝形を築きました。その時であります。解説の阿久津七段が何を思ったのか、「穴熊のズルさは一度失敗しても、固さを生かしてもう一勝負できるんです」と指摘し、「穴熊がズルである」と、明快に認めたのであります。局面は阿久津七段の危惧した通りとなりました。野月七段が筋よく、馬を取った△2三桂を△3五桂~△4七桂成と活用したのが、局面を紛らわしくした疑問手でありました。そうして、△5九飛と打ち込んだ手が急ぎすぎの悪手で、中村七段が▲3四歩と歩を叩いた手が偶然にも飛車の両取りをねらう好手となり、たったの1歩で野月七段の飛車成りを防いだことで、逆転が決定的となりました。以下は、ズル熊ならではの何の工夫もない攻めで、中村七段が押し切りました。ただし、終盤に中村七段が攻めを間違え、一時、野月七段が千日手にするチャンスがありましたが、野月七段の勘違いにより、最後は中村七段が押し切ったという次第であります。この将棋はまさしく、「何回間違えてもよい」というズル熊のズルさを如実に示したものでありました。この将棋を後ほど並べていただければ、わたくしの指摘したことが理解できるかと思います。

 阿久津七段といえば、トッププロに次ぐ有力棋士であり、その棋士が「穴熊はズルである」ことを認めたことの意義は極めて大きいといえましょう。日本将棋連盟は直ちにズル熊はズルであることを認め、潔くズル熊を禁止すべきであります。谷川新会長は、そのことの正しさを誰よりも理解されていることでありましょう。谷川会長の英断を求めるものであります。禁止!禁止!革命!革命!勝利!勝利!

 これは余談でありますが、本日のNHK杯は、飯島七段対高見四段でありました。局面は中盤で高見四段が△6四角というポカを指し、一挙に飯島優勢となりました。その後、飯島七段がヘボ手を続けているうちに、逆転模様となりました。そこで高見四段が指した△4九角が、解説の勝又六段が絶賛しておりましたが、実は敗着の一手でありました。ここは平凡に△5八同金としておけば、高見四段の逆転勝ちとなっていたことでありましょう。全体に、この将棋は拙戦で、プロの権威を疑わせる内容でありました。高見四段は肝心な局面でノータイムの悪手を指してしまうなど、若さが出ました。まだ19歳と若いので、今後の活躍を期待するものであります。

 わがズル理論がますます正しく、歴史に耐えうる科学であることがここに明らかとなった次第であります。善良なる将棋ファンの諸君!科学的理論たるズル理論をますます学びなさい。そして、真理を探究しなさい。ズル理論の文献(未定稿のものもあります)は下記で入手できるので、印刷するなどして活用し、普及すること。
http://zuruguma.web.fc2.com/zururirongaisetu.html

 われらが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 われらが親愛なる指導者=青野照市名人万歳!!!
 われらが輝ける希望の星=豊島将之名人万歳!!!
 革命いまだならず。同志奮起せよ!!!!!!!!

 
蒼国来の幕内復帰を歓迎する!
 日本相撲協会は、大相撲八百長問題をめぐって解雇無効の判決が下された元幕内蒼国来の地位確認訴訟について、控訴しない方針を満場一致で決め、西前頭15枚目で名古屋場所から現役復帰させることを決定いたしました。これについて八角広報部長(元横綱北勝海)は「協会として率直に申し訳なかったと思う」と話し、北の湖理事長(元横綱)が蒼国来に謝罪したといいます。さらに相撲協会は今後、危機管理委の調査部会で、八百長問題を担当した協会の特別調査委員会の調査が適正に行われたかどうか検証し、再発防止を図るとしています。

 わたくしは2011年2月19日にこのブログにおいて、いわゆる「八百長問題」を次のように論じ、早急に幕引きを図るべきと指摘いたしました。

 「そもそも今回の問題の発端は、個人情報の不当漏洩であります。そうして、その後の調査についても、携帯電話の提出を事実上強制するなど不当な人権侵害と一体のものであり、本来は直ちに中止すべきものであります。個人のプライバシーの侵害を伴う調査はそもそも行うべきではないのですから、任意での携帯電話の提出を拒まれてそれ以上の調査ができなかったというのであれば、それは仕方のないことであります。『分からなかった』で済ませればよいことなのであります。よって、ある程度調査が進んだ段階で確たる証拠が出てこないのであれば、早急に幕引きをはかるべきであります。このままマスコミの攻撃に押されて、『疑わしきは罰せよ』の方向に流れるならば、えん罪を生む危険性さえあります。マスコミがそのような攻撃を仕掛けてきたとしても、相撲協会はこれを毅然として拒否すべきであります。また、相撲界独自の伝統を否定するような組織改革が、どさくさに紛れて推し進められようとしていることについても警戒が必要であります。相撲界の改革は、相撲界が自律的に行うべきことであり、ズル勢力が現代ズル社会の価値基準を押しつけるような筋合いのものではありません。相撲協会はマスコミやニセ相撲ファンらの不当な圧力に屈することなく、組織と相撲界、伝統文化を守ることに全力を挙げるべきであります。そのことは決して間違ったことではなく、我が国の伝統と文化を守る大義ある行動なのであります。」

 わたくしはこのように、いわゆる「八百長問題」が報道された当時から、力士のプライバシーを無視した強引な調査に警鐘を鳴らし、冤罪の可能性を指摘したところであります。今回の解雇無効の判決をきっかけに、一時の感情で冷静な判断能力を失い、無実の力士の職を失わせるに至った「特別調査委員会」をはじめ、ニセ「相撲ファン」は猛省すべきであります。他にも冤罪がないのかを丁寧に検証するとともに、再発防止を図るべきであります。

 解雇無効の判決を受けての相撲協会の対応は潔く、さすがは相撲協会と思わせるものでありました。わたくしは当初、「復帰が認められたとしても、相撲協会でやっていけるのだろうか。迫害されるのではないか」と心配したのでありますが、それは全くの杞憂でありました。世間の多くのズル会社であれば、同様のケースの場合、控訴・上告を重ねた挙句、職場復帰を認めたとしても、職場内での迫害を続けることでありましょう。そのような姑息なことはせず、潔く反省し、再調査と再発防止を図ると表明した相撲協会は立派であります。いや、相撲協会は、最初からそうしたかったに違いありません。しかし、当時の相撲協会バッシングの嵐がそれを許さなかったのでありましょう。相撲協会にとっては今日、ようやく自律的な改革を進める環境が整いつつあるということであります。がんばれ!日本相撲協会!!!

 幕内に復帰する蒼国来は、ブランクが大きく、勝ち越すのはなかなか大変と思われます。しかし、ここで復活を遂げるならば、日本中が感動に包まれることでありましょう。がんばれ!蒼国来!

 大相撲にそもそも八百長など一切ない!!!大相撲は不滅だ!!!

 前進!前進!革命!革命!闘争!闘争!勝利!勝利!