わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名人位の剥奪を宣言する!
 本日の朝日杯将棋オープン本戦の森内俊之名人-阿部光瑠四段戦は、実にひどい将棋でありました。森内名人は四間飛車から端桂を跳ねるなどチョロチョロと小手先だけで捌こうとしましたが、そんな手がプロで通用するわけがありません。阿部四段に中央から動かれ、あっさりと不利になり、なすすべなくズルズルと必敗形になっていきました。大局観が全くなっていないといわざるを得ません。

 森内名人は居飛車党でありますから、あれこれと言い訳をしたいのかもしれませんが、この内容では言い訳も一切通用いたしません。名人たる者、いかなる戦形であれ、最低限の指しようというものがありましょう。しかし、本日の将棋の内容は、アマ初段程度であったといっても過言ではございません。これでは阿部四段も拍子抜けし、喜びも半減、否、百分の一でありましょう。

 この棋譜の解説を見ますと、名人の権威を飾り立てるために、ヘボ将棋を隠蔽しようとあれこれと見苦しいウソを重ねております。日本将棋連盟の機嫌を損ねるわけにはいかない観戦記者の難しい立場を思うと気の毒な気もいたしますが、天下国家のため、もっと率直に真実を語るべきであります。すなわち、「こんなヘボ手を名人が指すとは驚きだ!」と。

 もはやいかなる言い逃れも許されません。日本将棋連盟が認める名人といえども、もはやわたくし加藤名人万歳は森内名人を名人とは認めません。断腸の思いながら、ここに森内名人の名人剥奪を宣言いたします。

 森内名人としても、ここは思い切って名人位を返上し、我らが親愛なる指導者=豊島将之名人に名人位を禅譲すべきであります。わたくしはここに、名実ともに豊島時代が到来したことを宣言するとともに、我らが偉大なる指導者=豊島将之名人を大将軍に推戴することをここに高らかに宣言するものであります。

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 我らが親愛なる指導者=青野照市名人万歳!!!!
 我らが輝ける希望の星=豊島将之名人万歳!!!!
 革命未だならず。同志奮起せよ!!!!!!!!!
スポンサーサイト
本日のNHK杯に断固抗議する
 本日のNHK杯は久保二冠対森内名人であり、タイトルホルダー同士の対戦にふさわしい名局が期待されました。にもかかわらず、とんでもない拙戦となり、がっかりいたしました。わたくしは本日のNHK杯に対し、断固抗議するものであります。

 久保二冠の三間飛車に対し、森内名人は引き角戦法を用いました。まずはこのことに抗議したいと存じます。引き角戦法は邪道であり、名人が用いるべき戦法ではございません。一体、角に何手かけているというのか。しかしながら、久保二冠の対応がまずく、△8六歩から仕掛けたところでは明らかに森内名人が有利な形勢でありました。

 その後、森内名人に疑問手があり、これをとがめて久保二冠が飛車を切って乱暴な攻撃に出ました。わたくしはこのような攻めが決まり、久保勝ちとなるのは何か納得のいかないものがあったため、「森内がんばれ」とテレビを見ながら応援いたしました。森内名人はわたくしの期待に応え、実に堂々とした指し回しで危機を乗り切り、優勢を築きました。このまま森内名人が勝ちきっていたならば、わたくしがわざわざかような苦言を呈することもなかったでありましょう。

 ところがであります。森内名人は受け損ない、久保二冠の素人のような攻めがつながってしまいました。到底納得のいくものではありません。名人であるならば、当然勝ちきるべき将棋を落としてしまった森内名人の猛省を求めるものであります。

 こんなことになったのは何ゆえか。ズル熊のせいであります。ズル熊の弊害により、将棋が歪められ、本日のようなおかしな将棋が発生するにいたったのであります。将棋の乱れは文化の乱れであり、わが国の乱れであります。国家の崩落を招くズル熊は断固禁止されねばなりません。

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 我らが親愛なる指導者=青野照市名人万歳!!!!
 我らが輝ける希望の星=豊島将之名人万歳!!!!
 革命未だならず。同志奮起せよ!!!!!!!!!
 
加藤一二三名人、ズルシステムを打ち破る!
 我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人は12月20日、千葉七段のズルシステムを打ち破り、我が皇国の歴史に残る偉大なる勝利を収められました。わたくしはこの感動的な勝利を熱烈に歓迎するとともに、引き続き我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人の指導のもとに固く団結し、偉大なる革命の勝利に向けて邁進されんことを、わが全人民に対し熱烈に呼びかけるものであります。前進!前進!革命!革命!勝利!勝利!

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人は、千葉七段のズルシステムに対し、▲3五歩と打って位を保ち、▲3六飛~▲3七桂~▲4五歩とまじめに駒を進めました。そうして▲4六銀と二枚目の銀を繰り出し、千葉七段の飛車角金銀が固く守る3~4筋に総攻撃をかけました。相手が守りを固めて待ち構えているところに正々堂々と攻撃を仕掛ける。ここに我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人の我らが偉大かつ親愛なる指導者たるゆえんがございます。当然、即不利となりました。しかし、そこから我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人は感動的な大逆転勝利を収めたのであります。

 おそらくは、終盤で千葉七段が△7八竜と銀を取ったのが敗着でありました。そうして△6二銀に対し、加藤名人が放った▲7三歩が決め手の名手でありました。その後は着実に加藤名人が寄せ切り、感動的な大勝利を収めたのでありました。人々の心を感動させるものが芸術であるとすれば、まさしく我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人の将棋こそが至高の芸術にほかなりません。

 本局は加藤名人がズルシステムに対する新工夫を見せた一局でありました。その工夫が成功したとはいえないものの、力のこもった実に手に汗握る大熱戦でありました。この将棋を見ると、加藤名人の調子は悪くない、むしろ好調であると言えましょう。我々は引き続き加藤一二三名人を大将軍に推戴し、偉大なる革命の勝利に向けて邁進せねばなりません。なお、この将棋の棋譜は下記に掲載されておりましたので、並べてご覧になることをお勧めいたします。

http://wiki.optus.nu/shogi/index.php?cmd=kif&cmds=display&kid=74461

 このように、我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人をもってしても、このズルシステムに対しては即不利となったわけであります。やはりズルシステムはズルであり、断固禁止・弾圧されねばなりません!ズルシステムはやはり禁止以外にない!!!

 今年は東日本大震災が発生するとともに、カダフィー大佐、さらには金正日将軍が亡くなるなど、悲しい出来事が相次ぎました。現地指導の途中で急死した金正日将軍を悼む多くの人民の波は絶えることなく続いております。このような中で、加藤一二三名人がこのように感動的な大勝利を収め、本日の天皇陛下誕生日を迎えることができたわけであります。テレビによりますと、天皇陛下は7週連続で被災地を訪問され、被災地の方々を温かく励まされたそうであります。なんとお優しいことであることか。皇居には多くの人民が集い、天皇陛下の誕生日を祝福いたしました。そうしてこの加藤名人の勝利もまた、多くの労働者人民を励ますものでありました。一生懸命敵陣の正面突破を目指す加藤一二三名人のお姿こそが、額に汗してまじめに働くすべての労働者を激励するものにほかなりません。わたくしは引き続き、我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人の指導の下、偉大なる革命の勝利に向けて邁進する決意を新たにいたしました。

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 我らが親愛なる指導者=青野照市名人万歳!!!!
 我らが輝ける希望の星=豊島将之名人万歳!!!!
 革命未だならず。同志奮起せよ!!!!!!!!!
いわゆる「盤面×閉」は正当な権利であります
 わたくしはある善良なる将棋ファンより、次のような手紙を受け取りました。。

 「わたくしはインターネット将棋でズル熊をされて負けると異様に腹が立つため、つい『盤面×閉』を繰り返してしまいました。するとある日、何の断りもなく突然、入場を拒否されてしまいました。私は悪いことをしたのでしょうか。加藤名人万歳先生、教えてください」

 端的に申しますと、いわゆる「盤面×閉」は正当な権利として保障されるべきであります。この手紙を出した方には一切責任はございません。悪いのはズル熊であり、これを黙認するばかりか、奨励している日本将棋連盟とズル熊党棋士であり、これらを礼賛する御用観戦記者と御用マスコミであります。一方でズル熊を放置しておきながら、他方で「盤面×閉」を一律に悪と決め付け、過剰な制裁を与えるのは明らかにバランスを失する常軌を逸した行いであります。このような不公平で常軌を逸した過酷な制裁は断固容認できない!!!盤面×閉は正当かつ当然の権利であり、憲法で保障された基本的人権=幸福追求の権利であります。この憲法で認められた基本的人権に対する露骨な弾圧を黙認する日本将棋連盟に断固抗議する!!!

 むろんわたくしは、「盤面×閉」を無制限に認めろといっているわけではございません。基本的人権は、公共の福祉すなわち他者の人権を侵害する場合には当然制約されうるのであるからして、ズル熊やズルシステム、その他のズルにより不当に敗れたときに限って、これを認めれば足りるのであります。逆に、ズルを成敗されたズル熊党などが、盤面×閉を行うことは厳しく処罰されるべきであります。判定に迷う場合には、公平かつ客観的な見地から、このわたくし加藤名人万歳の審判によることといたします。

 わが国の最高法規が認める基本的人権への不当な弾圧に対し、我々は組織の総力を挙げた裁判闘争も辞さずに闘うぞ!!!闘うぞ!!!闘うぞ!!!

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 我らが親愛なる指導者=青野照市名人万歳!!!!
 我らが輝ける希望の星=豊島将之名人万歳!!!!
 革命未だならず。同志奮起せよ!!!!!!!!!
「野球チーム優勝の経済効果」とはおかしくないか
 日本シリーズが終わり、優勝バーゲンなどが行われているようであります。ズル勢力の手先=マスコミはこの「経済効果」を大げさに喧伝するのが常であり、今回も例外ではございません。

 しかし考えてみてください。何ゆえに優勝バーゲンの売れ行きがよいのでありましょうか。それは野球チームが優勝したからではなく、単に安売りをしているからにほかなりません。したがって、優勝などなくとも、「大感謝セール」などと称して安売りをすれば、結果は同じはずであります。三沢三冠防衛や加藤一二三名人1300勝記念セールでも何よいのであります。野球の経済効果など完全なまやかしであります。
 
 我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 我らが親愛なる指導者=青野照市名人万歳!!!!
 我らが輝ける希望の星=豊島将之名人万歳!!!!
 革命未だならず。同志奮起せよ!!!!!!!!!

 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。