わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ズル勢力の責任転嫁に惑わされるな!
 本日のNHK杯戦は杉本七段対伊奈六段、杉本七段の三間飛車ズル熊に対し、伊奈六段が左美濃で対抗いたしました。序盤は伊奈六段の作戦勝ちが明白となり、「本日はズルが成敗されるに違いない」とわたくしは大いに期待したところであります。そうして中盤は、居飛車の完封を思わせる局面となりました。ところがであります。伊奈六段があれこれともったいぶった指し回しをしているうちに局面が紛れ、ズル形となってしまいました。そうしてズルが勝ってしまいました。本日の将棋を見た多くの将棋ファンがさらにズル熊に流れることでありましょう。何たることか!伊奈六段の猛省を求めるとともに、これを放映したNHKに断固抗議するものであります。

 さて、東日本大震災を悪用したズル勢力の策動が露骨かつ熾烈になっております。消費税を十数%に増税し、大震災の復興費用に充てるといった案も取りざたされております。国民の善意を最大限に悪用した悪質きわまりない策動であります。おそらく多くの国民はこれを「復興のためならば仕方がない」としてあきらめ、この大増税を受け入れることになるのでありましょう。なんともむなしく、嘆かわしいことであります。

 しかしこのわたくしの目はごまかせるものではございません。ズル勢力は「今なら国民は増税を受け入れるであろう」と読み、消費税増税によって庶民に復興費用の負担を押しつけ、従来からのズル勢力優遇施策を維持しつつ、自らの負担増を回避する目論見なのであります。こんなものは一切受け入れるわけにはまいりません。それでもどうせ、大多数の国民は受け入れるのでしょうから、わたくしがとやかく言っても詮無きことやもしれません。

 さらにズル勢力は、電力不足の責任を庶民に押しつける策動を強めております。今朝のテレビで評論家たちが、「人間の欲望がここまで電力を使う社会を作ってしまった」という趣旨で次々に発言をしておりました。「私たちのこれまでの生活はこれでいいのか。反省する機会にしなければならない」等と善人面をして申しておりました。

 こんな善人面としたり顔のズル評論家の言うことなどに一切惑わされるな!誰が電力を大量に消費する社会を作り上げたのか。ズル勢力ではないか。ズル勢力は、自らの懐を肥やすためにマスコミを動員して国民の欲望を煽り、結果、様々な家電製品やパソコン、携帯電話等が普及し、大量に電力を消費する社会になったのであります。そのため、大多数の庶民は、低賃金で大量の消費を行わなければならないように仕向けられ、そのために過酷な労働を強いられるとともに、夫婦共働きを強いられ、多くの家庭が崩壊の危機に直面するに至っているのであります。パソコンに携帯電話、自動車等々、我々は何と出費が多い社会に生きていることか。これもズル勢力の陰謀なのであります。決して国民が望んで今日のような殺伐とした社会がつくられたのではないのであります。なのに彼ら評論家は善人面をして、いかにも「俺はいいことを言った」という自己陶酔に陥っているわけでありますが、その実、ズル勢力の代弁者としての世論誘導の片棒を担がされているというわけであります。何と愚かな!とんだ滑稽であります。自作自演の茶番劇であります。事実を逆さまに描くのもいい加減にしろ!

 また、マスコミは紛争が続くアフリカの情勢についても、事実を歪曲した報道をしておりました。リビア政府がクラスター爆弾など残虐な兵器を使用していると非難しておりましたが、そもそもこれらの武器を世界にばらまいたのはいったい誰なのか。欧米のズル勢力ではありませんか。彼らズル勢力は、自らが戦争の火種をばらまいてきた責任を一切棚に上げ、正義面をして他国を空爆しているのであります。こんな不正義は一切認められない。そもそも「残虐な武器」と「残虐でない武器」が区別できるのか。すべての武器は残虐に決まっているではないか。すべての武器を全面禁止せよ!

 こんな不正義は断固認められない!粉砕あるのみだ!ズル熊を直ちに禁止せよ!パソコンも携帯電話も自動車も禁止だ!禁止!禁止!粉砕!粉砕!革命!革命!勝利!勝利!
スポンサーサイト
「現実主義」の欺瞞に惑わされるな
 「現実的でない」
 ズル勢力とマスコミは、都合が悪くなるとこの決まり文句を使います。これによって人々は現状の改善を「非現実的」としてあきらめ、思考停止状態に陥り、ズル勢力の支配が守られるというわけであります。ズル勢力にとって都合のよい「現実」が「現実的である」とされることで、ズル勢力にとって都合の悪い事実が見逃されるというわけであります。

 今回の大震災により、原子力発電所がいかに人々の命と健康を脅かすものであるかが明らかになったという次第であります。しかしそれでもズル勢力とマスコミは「原発をなくすのは現実的でない」とし、大多数の人々もこれを信じていることが統一地方選挙によって明らかになるという次第であります。後半戦の結果を見るまでもなく分かり切ったことであります。選挙によりズル勢力の数々の施策が信任されたことになり、ズルが大手を振ってまかり通ることになるだけなのであります。

 しかし、命と健康ほど大切なものはないという最も肝心な「現実」が忘れ去られてはいないのか。命と健康をまもるという願いが「非現実的」だと言うのか!?ズル熊党による理不尽な人権侵害が行われている現状が「現実的」だというのか!?そんなことは断じて認められない!

 「原発がなくなると電力が不足する」とズル勢力は言います。それに対して我々はきっぱりと「電力などいらない」と言ってやろうではありませんか。蝋燭で生活すればよいのであります。現に江戸時代はそうしていたのであります。江戸時代に帰ればよいのであります。ついでにズルリカなど国際ズル勢力とも一切手を切り、鎖国とすべきであります。ついでにズル熊も禁止だ!最低でも振り飛車ズル熊は断固禁止だ!ズル熊党の中でも特に振りズル党は悪質だ。振り飛車ズル熊党にまともな人間などいるのか?そんな人物など見たことがない!禁止だ!断固弾圧!

 原発は直ちに停止せよ!禁止!禁止!勝利!勝利!革命!革命!
国際ズル組織=IMFの廃止を求む
 マスコミ報道は以下の通りであります。 

 IMF=国際通貨基金は、東日本大震災に伴う復興事業などのため、新たな財政支出が想定される日本について「震災前から財政健全化の取り組みは先送りされていた」と批判したうえで、震災への対応にめどがついた時点で財政健全化への取り組みにも明確な道筋を示すべきだとする報告書を発表しました。

 IMFは12日、各国の財政状況に関する報告書を発表しました。この中で、日本について「東日本大震災が起きる前から財政健全化の取り組みは先送りされていた」として、震災前から財政健全化に向けた努力が不足していたと批判しました。そのうえで、今後は大震災に伴う復興事業などで新たな支出が想定されるものの、震災対応に必要な費用が明らかになってきた段階で、財政健全化に向けた明確な道筋を示す中期的な計画もきちんと策定すべきだと指摘しています。さらにIMFは、財政健全化に向けた具体策として、消費税を増税することや社会保障制度改革を進めることを提言しており、震災や東京電力福島第一発電所の事故によってさらに悪化することが予想される日本の財政状況に強い懸念を示しています。

 余計なお世話、いや、露骨な内政干渉であります。大震災直後のこの時期に、このような冷酷な報告書を発表するなど言語道断であります。まさしくズルMFの非人間性、拝金主義の本質を示しております。直ちに廃止せよ!しかも大震災を悪用し、社会保障制度改革=社会保障削減と消費税増税を唱えるところに、IMFがまさしく国際ズル推進組織であり、国際ズル勢力の手先であることを全世界に示しております。さらには、こんな不当な報告書の内容をさも当然のように報道するマスコミは完全なズル勢力の手先だ!マスコミはこの大震災に対し、何ら貢献もしていないし、何ら負担していないではないか。くだらない報道に電力も使い放題ではないか。マスコミは復興の完全なお荷物だ!直ちに廃止せよ!

 大震災という大不幸を悪用した国民負担増など断じて認めないぞ!復興費用と財政再建の費用は、原発を推進し、減税と無駄遣いによって我が国の財政を悪化させたズル勢力に負担させるべきであり、この非常事態においては国債を増発し、さらには徳政令をも検討すべきことは当然であります。我々は一切負担しないぞ!我々の支援はすべて自発的な募金によって行われるべきであります。それ以外の負担を強いられるいわれはない。

 大震災を悪用したズル勢力の陰謀を許すな!ズル勢力は、国民的大不幸を悪用し、ズルシステムの強化を画策しているのであります。「この非常事態だから負担増はやむを得ない」との雰囲気になりがちであることをズル勢力はよく知っているのであります。こんな卑劣な策動には断じて惑わされてはならない!前進!前進!粉砕!粉砕!勝利!勝利!革命!革命!

内政不干渉の原則は例外なく貫徹されるべきだ
 リビアやコートジボワールなどアフリカ諸国に欧米のズル勢力が軍事介入し、事態が混沌としているとの報道がございます。内政不干渉・民族自決の原則は厳格に貫徹されるべきであり、いかなる例外も認められるべきではございません。かつて織田信長は、比叡山を焼き討ちするなど、大量虐殺を進めました。だからといって、当時、外国が「織田信長から日本国民を守る」などと我が国の紛争に干渉したならば、よい結果が生まれたでありましょうか。そうはならないことは、少し常識のある人ならば理解できるでありましょう。実際、織田信長は我が国の武将、明智光秀によって成敗されたのであります。そうして、豊臣秀吉の時代を経て、徳川ズル康の天下となり、さらには徳川綱吉により天下太平の世が築かれたという次第であります。しかしながら、幕末にはズルーが黒船を以て我が国に開国を迫った結果、我が国は戦争に次ぐ戦争を経て、ついには敗戦に至ったのであります。外国による内政干渉は、かような悲劇を生むことは、我が国の歴史が証明するところであります。

 ズルリカとズルロッパはただちにアフリカから手を引け!既得権益を守るための内政干渉は直ちに中止せよ!「民主主義」という名の新植民地主義に惑わされるな!前進!前進!革命!革命!
選挙などすべて八百長だ!
 日本相撲協会はいわゆる「八百長問題」に関わって、多数の力士や親方を引退や退職に追い込みました。わたくしはこの不当な処分に対し断固抗議するとともに、一刻も早い事態の正常化を求めるものであります。人情相撲を禁止するとなれば、力士の健康管理のためにもそれ相応の代替措置というものがあってしかるべきであります。本場所が年6場所開催で果たしてよいのかも含め、検討が求められます。

 さて、本日の統一地方選挙は予想通り、次々にズルが当選を決め、全く波乱のないくだらない結果となりました。選挙などやっても何ら意味がないことがこれでますます明らかとなった次第であります。マスコミは本日の朝刊で、「私たちの未来のために選挙に行きましょう」などと白々しいことを言っておりますが、選挙が何ら事態を改善するものでないことはマスコミが一番分かっていることでありましょう。なぜならば、マスコミは常にズルな候補者を支援し、我が国がますます危機を深めるために日々デマ報道を行っているからであります。

 マスコミはむろん、国民に相撲界の「八百長」を非難する資格など一切ない!自分たちこそが八百長選挙をやっているではないか!こんなものはすべて税金の無駄遣いだ!自分のことを棚に上げて一生懸命頑張っている力士を攻撃するのはやめよ!選挙などすべてやめてしまえ!前進!前進!粉砕!粉砕!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。