わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



いちいち苦情の電話なんかすんな!
マスコミ報道によると以下の通りであります。

 公共広告により啓発活動を行っている社団法人のACジャパン(旧公共広告機構)に抗議の電話が殺到していることが17日、分かった。東日本大震災の影響によって、民放テレビ各局が民間企業CMの代わりに、同法人のCMを大量放送しており「しつこい」「不快感がある」「内容がそぐわない」というクレームが集中していた。同法人の提言CMはテレビ、ラジオ、新聞社など加盟社の会費で制作。とばっちりを受けた形だけに、同法人も困惑を隠せなかった。民間企業が震災の影響でCMを自粛する中、大量に放送されているACジャパンのCM。穴埋め的な役割を果たしているにもかかわらず、とんだとばっちりを受けている。

 こんなことで苦情の電話を殺到させるとは、何とも情けないことであります。東日本大震災で大変な困難を強いられている被災者や、救助活動に当たっている人々がいるこの時にであります。テレビが見られるというのは幸せなことではありませんか。啓発のCMが繰り返し放送されるのが「不快だ」といって抗議電話までするとは、あまりに異常であります。何か後ろめたさがあるのでしょう。我が国は今日、こんな些細なことで苦情の電話を殺到させ、言葉の攻撃を浴びせるような殺伐とした深刻な事態に陥っているのであります。愕然とする思いであります。

 こんなことになったのもすべてズル熊のせいだ!ズル熊は即時全面禁止せよ!前進!前進!革命!革命!

スポンサーサイト
ズル熊を奨励するな!
 わたくしはある子ども将棋教室を視察いたしました。ある子どもは「入玉戦法」と称して玉自らが先頭に立って出撃し、連戦連勝を収めておりました。まさしく軍神のごとき戦いぶりで、わたくしはたいへん感心いたしました。

 ところがであります。これを見ていたあるズル熊党普及指導員が香車を一つあげて「玉のいるべき場所はここだ」と将棋盤の隅を指さしました。これに対しこの子どもは「僕は穴熊なんか指したくない」ときっぱりと拒否しましたが、「うちの教室では初心者でも皆穴熊を知っている。好き嫌いはよくないよ」とさらにズル熊を勧める発言を繰り返しました。また、ある子どもが「こんな囲いもあるよ」と矢倉囲いを作ると、ズル熊党は「さらに固くしよう」と香車を上がり、玉を9九に置きました。

 まことに許し難い暴挙であります。不正義を嫌って何が悪い!普及指導員がズル熊を奨励するとはとんでもない!直ちに解任せよ!百歩譲っても、「普及指導員」などと名乗らせてはならない!「腐朽指導員」とすべきであります。ズル熊を蔓延させ、将棋を腐朽させるからであります。

 子どもへのズル熊蔓延をねらったズル熊党のあらゆる策動を許すな!ズル熊が子どもに蔓延したら最後、将棋は滅びるぞ!子どもが不正義を行うなら世界が滅びるぞ!断じて許すな!前進!前進!革命!革命!
誰が国家を弱体化させたのか
 未曾有の震災と原発事故をめぐって、国や自治体の対応が注目されております。支援の輪は全国に広がっておりますが、支援物資が被災地に十分に届かないなど、大変困難な事態になっているようであります。このような中にあって、被災地で懸命に救援活動を行っている国や自治体の職員、自衛隊や消防の諸君に対し、わたくし加藤名人万歳は、まずもって心より敬意を表するものであります。

 今回の事態を受けて、「国家の根本は人にあり」ということを改めて感じるところであります。我が国は先進国と言われてきましたが、今回の巨大地震と原発事故に直面し、右往左往するばかりであります。このところ、「国の対応が後手後手になっている」などとマスコミが非難しておりますが、わたくしが思うに、結局のところ人員が不足していることが問題の根本にあるのであります。国や自治体、自衛隊や消防といくら叫んでも、結局のところ、そこで働く労働者が行動しなければ何もできないのであります。何も国や自治体だけではありません。電力会社など企業も同様であります。働く者をないがしろにしてきた結果、今日の危機をますます深刻化させることとなったのであります。人と人がいがみ合う社会となった結果、国家が今日のように弱体化するに至ったのであります。

 こんな事態を作り出したのはいったい誰なのか。ズル勢力とズル熊党、そしてその手先=マスコミであります。「人員が多すぎる。削減しろ」と煽り立て、国家体制を弱体化させるとともに、「リストラをもっとやれ!」と日航の労働者を攻撃したように、ズル勢力とマスコミの攻撃は熾烈を極めておりました。そうして社会が殺伐とする中での今回の事故であります。マスコミが「公務員を削減せよ!」と言ってきたのは国家の役割を縮小し、民間にできることは民間に任せるためではなかったのか。ところがいざとなれば国の役割を盛んに持ちだしております。こんな無責任な議論はありません。マスコミはご都合主義をやめよ!

 マスコミはこれまでの行いを真摯に反省して扇動報道をやめ、すべての国民が相互信頼を回復し、国家体制の強化に資するような報道に改めるべきであります。「借金が多い」「人員が多すぎる」「賃金が高すぎる」などとばかり言っているような状態では国民の団結は生まれず、国家は弱体化するばかりであります。こんな国家に誰が愛着を持つというのか。国家は人倫の最高形態であらねばならぬ。力強い国家を作り上げねばなりません。人々を攻撃し、国家を弱体化させたマスコミは猛省せよ!
マスコミはいい加減にしろ!
 東日本大震災が起こってしまいました。未だに信じられない大惨事であります。わたくし加藤名人万歳は、犠牲になった方々に深い哀悼の意を表明するとともに、すべての被災者の皆さんに心からお見舞い申し上げるものであります。わたくしもある同志と未だ連絡が取れず、大変心配しております。

 被災地の多くはテレビを見ることもできない状態と聞きます。マスコミは詳細な情報を流していますが、実際にテレビを見ているのは被災していない地域の視聴者ということになります。このような中で、すべてのマスコミが同様の報道を一日中やることにどれほどの意味があるのでしょうか。むしろ、逆効果であることは明らかであります。政府や自治体、電力会社がマスコミ対応に追われ、真に重要な仕事の邪魔をされているのが実態でありましょう。人命の救助と被災者の支援こそがもっとも重視されるべきことは当然であります。しかし、そのことがマスコミの過熱報道によりないがしろにされているように思えてなりません。

 マスコミの傲慢な思い上がった態度も目立っております。その最たるものが、東京電力が発表した計画停電に対する報道であります。マスコミは「二転三転した」などと、東京電力を非難しておりますが、全くの筋違いというものであります。東京電力としては、できるだけ停電を避けたいから、一度発表した停電を実施しなかったりしたのでありましょう。こんなことは少し考えれば理解できそうなものであります。この非常時には、その程度のことは理解すべきなのであります。ところがマスコミは、東京電力の対応を非難し、国民の批判を煽る報道を行いました。この国家的危機に当たり、何よりも国民の団結が必要なこの時にであります。何と罪深くおろかなことか。頭が悪いとしかいいようがありません。愚か者め!

 電力を節約しようと、首都圏の公共交通機関の運行も相当程度、制約されたようであります。ところが、マスコミが電力を節約したといったことは全く聞きません。マスコミ報道こそが電力の無駄であることは明らかであるにもかかわらずであります。この際、地震報道はNHKに一本化するなどして情報提供を効率化し、他のマスコミはすべて閉店してはいかがでしょうか。どうせ、同じ報道しかしないのですから、それでちょうどよいのであります。政府は直ちにマスコミ報道を規制すべし!それが嫌なら、マスコミは直ちに業界として自主規制せよ!「報道の自由」など百害あって一利なしだ!

 マスコミは被災者にインタビューし、「今、何が一番必要でしょうか」などと繰り返し質問しております。そんな質問を繰り返すならば、報道の代わりに物資を届ける努力をすればよいのであります。文句があるなら、自分がやってみろということであります。マスコミはヘルメットをかぶるなどの愚かしいパフォーマンスを繰り広げ、安全な場所から他人の努力を批評するばかりであります。口先では何とでも言えるのであります。マスコミは、救助・支援活動を懸命に行っている人々に対する敬意をあまりにも欠いてはいないか。横着もいいがげんにしろ!救助・支援活動を妨害するだけのマスコミは百害あって一利なし!直ちに禁止せよ!
ズルのしっぽ切りで政権の延命を図れ!
 ズル原外相が辞任いたしました。歓迎すべきことであります。管首相の任命責任が今後問われるかと思われますが、とんでもございません。管首相には一切責任はございません。

 ここまでくれば、とことんトカゲのしっぽ切りをやって延命を図っていただきたいものであります。まだ、枝豆やレンコンなども残っております。これらの悪徳政治家もトカゲのしっぽ切りで失脚させるべきであります。今はよりズルな政権の誕生を阻止するために、管首相には何としても権力の座にしがみついていただき、国政を大いに停滞させていただきたいものであります。そのことが、「クリーンでオープンな政治の実現」という管首相の素晴らしい公約実現への道であります。悪徳政治家を失脚させ、政治を浄化せよ!

 権力の座にしがみついて何が悪い!前進!前進!革命!革命!

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三棋聖万歳!!!
 我らが親愛なる指導者=加藤一二三棋聖万歳!!!
 我らが輝ける希望の星=加藤一二三棋聖万歳!!!
 革命未だならず。同志奮起せよ!!!!!!!!!