わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



便乗ズルを許すな!
 今日、「百年に一度の大恐慌」「未曾有の経済危機」ということが言われます。このように言われると、「今はどんなことをされても我慢するしかない」と考えがちであります。しかし、ここにズル勢力の仕掛けた陰湿な陰謀があるということを率直に指摘しなければなりません。

 考えてみてください。ほんのこの間まで、「いざなぎ景気を超える未曾有の好景気」ということになっており、大会社の経営者、株屋などズル勢力は大儲けをしていたわけであります。しかし、庶民には全くよいことはなく、むしろ好景気故の労働強化にあえいできたわけであります。さらに今回の事態であります。「不況だ!大変だ!」と煽り、ズル会社が便乗してリストラや賃金カットを行っております。そして、こうした事態を煽り、庶民をさらなる苦難に陥れているのがズル勢力の手先=マスコミではありませんか。

 マスコミは許可制とし、僭越ながらその許可権はこのわたくし加藤名人万歳の専権事項とすべきであります。

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!!!
 我らが親愛なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!!!
 我らが輝ける希望の星=加藤一二三名人万歳!!!!!

 革命未だならず同志奮起せよ!!!!!!!!
スポンサーサイト
真理は常に語られるべきものにあらず
  ある善良なる将棋ファンから次のような質問がございました。
 
 「私は子供将棋教室を開催している普及指導員です。級位者の子供たちへ穴熊の優秀さを教え、穴熊をするように奨励しているのですが、なかなか穴熊のよさをわかってもらえません。子供たちは「穴熊をするとボロボロに負ける」と思いこんでいるようです。どうしたら子供たちが穴熊を好きになるでしょうか。ぜひともご教示下さい。」

 わたくしは「穴熊はズルであり、禁止されるべきである」と考えており、よって子どもにこれを教えるなどもってのほかであると考えております。したがって、「穴熊の優秀さを教え」たいという点について私にはそもそも異議があるわけではございますが、今回はその点はおいておくとして、真理を教える際の考え方について、若干ふれさせていただきます。

 将棋を覚えてから「ズル熊はズルである」という真理に到達するまでには、それなりの時間がかかります。本人の努力も必要でありましょう。将棋を覚えたての子どもに「ズル熊はズルである」といきなり説いても本人は何のことやら分からないでありましょうし、分からないものを教えてもそれは押しつけでありますし、真の教育にはなりえないでありましょう。人間にはそれぞれの発達段階というものがございます。我々にできることは、子どもたちが真理に到達することを支援することなのであります。かような意味において、真理は常には語られるべきものではないのであります。また、我々も、子どもたちや同志とともに学ぶことによって、「ズル熊はズルである」との確信をますます強固なものとすることができるのであります。わたくしは、「ズル熊がズルである」との真理を発見したことを幸福に思います。そうしてこの道を生涯同志と共に歩むこととなるでありましょう。

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!!!
 我らが親愛なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!!!
 我らが輝ける希望の星=加藤一二三名人万歳!!!!!
 革命未だならず、同志奮起せよ!!!!!!!!
 
小選挙区制はズルシステムである
 衆議院が解散されました。テレビでは「政権選択」が争点であるかのように言われておりますが、これは争点のねつ造であり、ズル勢力が自らの既得権益を保持するための陰謀に他なりません。そもそも、今の選挙制度、中でも小選挙区制はズル議員選出のための最悪の「ズル選挙区制」であり、こうした制度のもとではまともな選挙など行われるはずがないのであります。

 多数意見というものは常に誤っていることは歴史が証明しております。現に、わたくしがいくら「ズル熊はズルである」との真理を繰り返し繰り返し説いても、これが多数意見となるには長い闘いを要することを覚悟しなければならないのが現実であります。かつてガリレオ=ガリレイは、「地球が太陽の周りを回っている」という真理を説きましたが、当時の中世キリスト教社会の分からず屋どもによって、激しい迫害を受けました。真理とはこのようなものなのであります。したがって、少数意見を尊重することなくして、社会は正しい方向に導かれることはないのであります。

 言論の自由はきわめて重要であります。現代ズル社会においては、建前では言論の自由を保障していることになっております。しかし現実には、ズル勢力に都合の悪い言論は無視され、迫害されております。さらに、選挙においてはズル勢力の手先=テレビ・新聞等々の宣伝によって、選択肢はズル勢力の許容範囲に事実上狭められ、さらに小選挙区制によってズルな候補者のみが当選する仕組みができあがっております。よって、国会にはズル勢力公認の言論のみが持ち込まれ、まともな議論が行われることはないのであります。一人の当選枠をめぐって候補者はマスコミなどのズル勢力の顔色をうかがい、自らの考えを述べることさえも不可能となっているのであります。そして、事実上の世襲制度がまかり通っております。こんな制度は廃止しかございません。同じ世襲制度なら、安定した江戸時代の幕藩体制の方がよっぽどマシであります。

 以上のことから、選挙制度は大選挙区制とし、得票が上位の候補者から順次落選とするのがよいでしょう。

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!!!
 我らが親愛なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!!!
 我らが輝ける希望の星=加藤一二三名人万歳!!!!!
 革命未だならず。同志奮起せよ!!!!!