わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



全国ズル実態調査
 わたくしはこのほど、全国の同志にズルの現状に関する調査・啓蒙活動を呼びかけ、これを収集・分析する「全国ズル実態調査」を実施しております。その一環として、本日のNHK杯戦を同志とともに視聴いたしました。

 わたくしは別室で遠方の同志と電話会談をしていたため、序盤は観戦できなかったという次第であります。電話会談終了後、観戦していた同志から、「今日もまたズル熊であります。しかし、振り飛車が作戦勝ちのように思われます」との報告を受け、「まあ、いつものことだろう」と思いつつ、わたくしもテレビの前に座りました。ちょうど山崎七段が▲6五歩と突いた局面でありました。遠山四段は△6四歩▲同歩△6一飛としました。わたくしは思わず、「これはいかん」とつぶやきました。以下は、先手だけが駒を前進させ、後手は飛車ばかりに手数をかけた上、その飛車を取られてしまいました。あっという間に観戦しても仕方のない局面となり、連日のズルとの闘いによる寝不足に行方八段の眠くなる声もあいまって睡魔が襲い、わたくしは再び別室で大いびきをかいて寝てしまったという次第であります。結果は見るまでもございません。

 それにしても、プロの読みとはこの程度なのでありましょうか。全く不思議であります。ズル成敗の手本を見せるべきプロがこのような有様では、ズルがますます蔓延するばかりであります。この将棋によって、ズル熊党がまた増大したことでありましょう。ズルの陣地がまた広がりました。嘆かわしいことであります。

 わたくしがもう一つ注目しているのが、アマチュア大会における持ち時間切れ負け制であります。切れ負け制は、ズル熊党に有利であることは間違いのないことであります。ズル熊によって地位を築いたズル熊党らが、自らの既得権益をさらに強固なものとするため、さまざまな問題が指摘される切れ負け制度を拡大・保持しようとしているわけであります。切れ負け制は、ズル熊などズルな戦法・戦術を補完するもので、これらがあいまってズルシステムを形成しているのであります。ズルの既得権益を守るためのズル熊や切れ負け制などズルシステムは断固廃止すべきであります。

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!!!
 我らが親愛なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!!!
 我らが輝ける希望の星=加藤一二三名人万歳!!!!!
 革命未だならず、同志奮起せよ!!!!!!!!

 
 

 
 
 

 
スポンサーサイト