わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ズル熊は麻薬である!
>楽隠居して棋譜ならべを楽しんでいる老人です。しかし、「第64回学生名人戦」では穴熊対局があまりにも多く、がっかりしました。学生だからこそ正攻法で堂々と対局してほしいと思う私の考えは古いのでしょうか?

 上記のご質問がございましたので、わたくしの考えを述べさせていただきます。
 わたくしは思うに、学生たちは、勝つためということだけを考えればズル熊が楽だからズル熊をやっているのであります。よって、学生名人戦がズル熊ばかりというのも理解できなくはございません。
 しかしながら、将棋界、ひいでは我が国の将来を担う学生がこれでよいのであろうかという疑念は払拭できないものがございます。学生時代からズル熊ばかりというのでは、創造性が失われ、社会の停滞につながるものと言わざるを得ません。現に、ズル熊が蔓延した結果、今日の社会の荒廃と、100年に一度とも言われる不景気が到来してしまったのであります。
 これもズル熊が禁止されていないのがいけないのであります。ズル熊は麻薬のごとく、あれば使いたくなってしまうものであります。よって、ズル熊は即時全面禁止とすべきことは、これまでも繰り返し繰り返しわたくしが強調してきたところであります。百歩譲っても、タバコは未成年には禁止されているのと同様、学生のズル熊使用は完全に禁止すべきであります。
スポンサーサイト
竜王戦の真実
 竜王戦7番勝負は、3連敗の後4連勝で渡辺防衛となりました。わたくしはこの結果が大変意外であります。まさか羽生名人が4連敗と喫するとは!このシリーズは、世代交代の一つの大きなきっかけとなりそうであります。そして、将棋界は、ますますもってズルの支配が強まることでありましょう。羽生名人の責任は大であります。

 この問題の真実は、ズル熊にあります。羽生名人もまた、ズル熊に依存する傾向を強めておりました。その結果が、今回であります。

 これらの諸問題を解決する道はただ一つ。ズル熊の全面的即時禁止であります。
全ての責任はズル熊にあり!
 我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人が訴えを起こされました。わたくしは、住民が訴えたこと自体については理解できるところもありますので、ここではもっと根本的なところを考察いたしたく存じます。

 「猫に餌をやることそのものが悪いことなのか」と問われると、100人中100人とまではいかなくとも、100人中95人は「悪いことではない」と応えるでありましょう。たしかにそうなのであります。そもそも、加藤名人が「かわいそうだ」と餌を与えた猫が何故にそこにいたのでありましょうか?誰かが猫を捨てたからでありましょう。ゆえにわたくしは、悪いのは動物を大切にしない社会であるということを申し述べたいのであります。しかも最近では、人間が人間を粗末にする殺伐とした世の中になっているということも指摘せざるを得ません。

 なにゆえにこうした世の中になったのでありましょうか?ズル熊が悪いのであります。ズル熊が人心を荒廃させた結果、加藤名人が訴えられる結果となったのであります。したがって、仮に加藤名人が損害賠償を求められた場合、ズル熊党が賠償金を負担すべきであります。

 かつて徳川綱吉は、戦国の遺風が残る殺伐とした社会を平和で心豊かな社会に変えるため、生類憐れみの令を断行いたしました。その結果、人々は生類を大切にする心を持ち、したがって他人を思いやる気持ちを持ち、社会は平和になり、江戸260年の基礎を築いたのであります。わたくしたちは今こそ、名君徳川綱吉に学び、東京都に猫小屋をつくるべきであります。

 これらの諸問題を解決する道はただ一つ。ズル熊の全面的即時禁止であります。
すべてはズル熊が悪い!
 わたくしはある年配の将棋ファンと話をする機会がございました。とは言いましても、わたくしはその将棋ファンと話をするまでは、まさか将棋を知っているとは思っても見ませんでした。その話の内容は以下の通りでありました。

 「以前は職場でも休憩時間に将棋を指す余裕があったが、だんだんそういうゆとりがなくなってきた。さらに穴熊が出てきてから鬱陶しくなり、以来、テレビ将棋も見なくなった」

 わたくしは、ズル熊が多くの将棋ファンを将棋から引き離した現実を改めて証言したこの話によって改めてズル熊撲滅運動の強化発展へ向けた決意を固めるとともに、あらたな事実に気が付きました。今我が国では、派遣労働者の首切りが相次いでおります。その労働者派遣法が成立したのは1985年でありますが、このころはちょうど中原名人がズル熊を用いて名人を防衛し、ズル熊の公認とその後の蔓延の契機となった時期と重なります。すなわち、ズル熊が今日の労働者の苦難の一大要因であることは明らかなのであります。玉だけをご丁寧に囲い、他の駒は次々に使い捨てにするズル熊からは、経営者・株主などズル勢力の利益のためには労働者を簡単に使い捨てにする今日のズル社会を連想いたします。

 これらの諸問題を解決する道はただ一つ。ズル熊の全面的即時禁止であります。
 
諸悪の根源はズル熊である!
  このブログをお読みの皆さんは、常々お思いのことでありましょうが、パソコンなど様々な便利なものが開発され、生産性が向上しているにもかかわらず、仕事は少しも楽にならないのはおかしいのではありますまいか? 

 そもそも科学技術とは、人間の幸福のために用いらるべきものであります。ところが現実はどうでありましょうか?仕事はますます忙しくなり、仮に忙しくなくても忙しいふりぐらいはしなければならないような雰囲気があるのが現状であります。

 それはなにゆえでありましょうや?それはすなわち、科学技術が人間のため、特に額に汗して働く労働者のためではなく、ズル勢力の儲け=ズルの道具として用いられているからであります。科学技術が本来目的とすべきところから離れ、ズル勢力の利益のためにのみ用いられていることが、今日の人類の不幸をもたらしているのであります。

 これらの諸問題を解決する道はただ一つ。ズル熊の全面的即時禁止であります。