わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ズルシステムと大山名人
 わたくしは最近、「現代に生きる大山振り飛車」を読みました。これによると、大山名人は、昭和46年2月18,19日の第20期王将戦第4局対中原十段戦で、ズルシステムを初めて用いております。当然、大山快勝となったわけでありますが、大山名人は平成元年の対加藤名人戦まで、このズルシステムを用いておりません。このことを本書では「大きな謎のひとつ」とし、「作戦がうまくいって快勝した将棋でも、続けて使うことは滅多にしなかった。それだけ自分の手の内を見せたくなかったのだろう」としている。

 わたくしがさらに解説を付け加えますと、大山名人は、ズルシステムは誰にでも簡単に真似のできるズルな作戦であることを瞬時に見抜いたということであります。そして、ズルシステムが棒銀を消滅に追い込むなど、将棋そのものに重大な影響が及ぶこともまた瞬時に見抜いたということなのであります。さすがは偉大なる史上最強の大山名人であります。
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。